静岡学園中学校・高等学校

静岡学園中学校 静岡学園高等学校

中高一貫教育 学びの特長

高校課程でのゆとりを生む先取り学習

負担の少ない中学内容では基礎学力の定着と学習の姿勢を身につけることを重視し、一方、難易度が上がる高校内容こそ、先取りの余裕を生かしてていねいに進め、着実な理解とその定着を図ります。

大学進学につながる学力を中学時から意識

中学時から大学入試を意識して進路指導を行い、志と学力のボトムアップを図り、希望者は原則教養科学科一貫探究系に進学します。

「大きな実をつける」中高一貫の学び

視線は6年後、さらにその先へ。夢実現に向けた中高一貫の学び。

 

先取り教育の充実

中学生1週間の時間割例を紹介します。本校では先取り教育を実施しており、「国語」「社会」「数学」「理科」「英語」の授業時間数が、各学年とも1年間で計210時間多くなるように時間割を組んでいます。このため、主要教科については、中学3年生から高校1年生の授業範囲を学んでいます。