静岡学園中学校・高等学校

静岡学園中学校 静岡学園高等学校

静学ブログ


    Warning: Use of undefined constant show_count - assumed 'show_count' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/web18/8/1/0247018/www.shizugaku.ed.jp/wp/wp-content/themes/shizugaku/archive.php on line 9

    Warning: Use of undefined constant hide_empty - assumed 'hide_empty' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/web18/8/1/0247018/www.shizugaku.ed.jp/wp/wp-content/themes/shizugaku/archive.php on line 10

    Warning: Use of undefined constant child_of - assumed 'child_of' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/web18/8/1/0247018/www.shizugaku.ed.jp/wp/wp-content/themes/shizugaku/archive.php on line 11

    Warning: Use of undefined constant title_li - assumed 'title_li' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/web18/8/1/0247018/www.shizugaku.ed.jp/wp/wp-content/themes/shizugaku/archive.php on line 12

    Warning: Use of undefined constant orderby - assumed 'orderby' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/web18/8/1/0247018/www.shizugaku.ed.jp/wp/wp-content/themes/shizugaku/archive.php on line 13
  • 学校からのお知らせ
  • スクールライフ
  • 部活動
  • 入試情報
  • SGTレポート
  • 静学からの挑戦状
2022年7月29日

SGT 中学生のためのプログラミング講座

 7月26日(火)~28日(木)の3日間も、SGT中学生のためのプログラミング講座を行いました。
 前半の3日間で「Catch the Fish」というゲームを作成しましたが、そこではキャラクターの動きが一定の速さで動くものでした。
 後半の3日間では、キャラクターの動きがだんだん速くなる(等加速度運動)ようにプログラミングしました。これにより、キャラクターが自然な動きになり、本格的なプログラミングに近づきました。数学や物理の考え方にもつながる内容で、ゲーム作りにも数学や物理で学んだことが生かされていることも学びました。また、「当たり判定」というプログラミング知識を利用して、障害物に当たるとゲームオーバーオーバーになるようなプログラムを組み、スタート地点からゴール地点まで十字キーで障害物を避けながらキャラクター(鳥)を動かす「フライング・バード」というゲームを作りました。障害物のデザインも自分オリジナルのものを作り、1つのステージをクリアすると、より複雑な障害物のある難易度の高いステージに進むなどのゲームに仕上がりました。
 最終日は、これまでに作成したゲームを自分流にアレンジしてオリジナルゲームを作りました。生徒からは、「このようにアレンジするにはどうすればいいですか?」と講師に尋ね、1対1で講師からアドバイスを頂きました。「フライング・バード」ゲームを改良してオリジナルゲームを作成する生徒や、これまでに作成した2つのゲームで学んだことを活かして、新しいオリジナルゲームを作成する生徒、ゲームに合わせて効果音を入れる生徒もいました。
 最後には、各生徒が作成したゲームの発表会を行いました。
 

「フライング・バード」というゲームを用いて、キャラクターがより自然な動きになるようなプログラムを作ります

障害物に当たったときゲームオーバーになるようにプログラムします

障害物を洞窟のようにしてゲームの難易度上げます

オリジナルのキャラクターもデザインします

2022年7月29日

SGT ステンドグラス・アート

 7月26日(火)~28日(木)の3日間の日程で、SGT「ステンドグラス・アート」を行いました。中学生と高校生を合わせて18名が参加しました。今回はランプ付きステンドグラスを作成し、作成した作品は各家庭のインテリアとして飾ることができます。
 1日目は、デザインや色の組み合わせを決めて、デザインに合わせてガラスを切り取りました。ジグソーパズルのように、様々な色のガラスをつなぎ合わせて1つのデザインを作ります。それぞれのパーツとなるガラスを1つ1つ切り落としました。
 2日目は、ルーターという機械を使ってカットしたガラスの周りの研磨作業を行い、形を整えていきました。カットしたそれぞれのガラスの周りに銅テープを巻きました。これでパーツの完成です。
 3日目は、それぞれのパーツをはんだ付けしてつなぎ合わせます。それぞれの色のガラスの周りにはんだが縁取られ、ステンドグラスの完成です。最後に洗浄液で拭き取り、ポリワックスをかけました。今回はランプ付きのステンドグラスということで、電球ソケットを取り付けて作品が完成しました。

デザインに合わせて色のついたガラスを切っています

ルーターを使って形を整えています

銅テープをガラスの周りに貼っています

ガラスどうしをはんだ付けしています

完成した作品

完成した作品

完成した作品

2022年7月26日

【小学生対象】静学からの挑戦状2022 Vol.2

小学生を対象に毎年作成している「静学からの挑戦状」につきまして、本年度第二弾を公開します。今回の問題は難解なものとなりますが、大勢の挑戦をお待ちしています。提出者には個々に解答入りのお手紙を9月以降にお送りします。また、その後にHPでも模範解答を公開予定です。

<提出方法>
・下記リンクボタンから問題文をプリントアウトして挑戦してください。
・解答した用紙に「郵便番号、住所、児童氏名」を記入のうえ、提出してください。
・提出期日は8月27日(土)第2回一日体験入学までとします。
 イベント当日に持参するか、郵送によりご提出ください。
・郵送の場合は次の宛先までお願いします。
 〒420‐0833 静岡市葵区東鷹匠町25
 静岡学園中学校 事務局宛(挑戦状在中)

【小学生対象】静学からの挑戦状2022 Vol.2 問題文(PDF)

2022年7月26日

SGT 静学オリジナルのラジオCMを作ろう

 7月25日(月)の放課後にSGT「静学オリジナルのラジオCMを作ろう」(1回目)を行いました。講師はFMラジオ局K-mixに勤務されている、本校卒業生の大倉広己先生です。
 この講座では、生徒が自分で作った原稿を、実際のスタジオで自分のナレーションで収録し、FMラジオで実際に放送されます。
 最初に講師と受講生それぞれの自己紹介をお互いにしました。講師の大倉先生は静学に在学していたときの様子、放送局に就職した理由など、お話しされました。また、受講生からは、このSGTに参加した理由も一言ずつ紹介し、「アナウンサー志望」「声優に興味がある」「ラジオをよく聞く」など、それぞれの思いを紹介し合い、どの受講生も目的意識を持って参加してくれました。
 今回の講座では、前半で「放送局についての全般的な話」や「ラジオCMについての話」を聞き、「実際に流れているラジオCM」を聞きました。後半で「自己PRのラジオCM」をお題として学年・名前・この夏に頑張りたいことを、20秒のCM風にまとめる原稿作り実習を行いました。最後に「静学のPRのCM」の原稿を作るという課題が与えられ、次回の8月30日の講座でCMコピー作品案を発表し合い、添削指導を受ける予定です。
 今回の講座を受けて、これまでとは違った角度からラジオ番組やラジオCMを聞き取れるようになったと思います。この後も色々なラジオCMを参考に、自分オリジナルの「静学のPRのCM」を作っていきます。

お互いの自己紹介をしました

「自己PRのラジオCM」というお題で実習

「静学のPRのCM」の原稿を作っています

2022年7月26日

SGT 中学生のためのプログラミング講座

 7月19日(火)と7月25日(月)の放課後にSGT「中学生のためのプログラミング講座」(2回目と3回目)を行いました。講師は、Programming School、D-schoolの井澤皇暉先生です。
 この講座では、スクラッチというプログラミング言語を使って、簡単なゲーム作りをしています。今回は「Catch the Fish」というゲームを作成しました。
 まず、キャラクターとなる3匹の魚、海を潜るダイバー、サメ、海の中の岩、海の中の背景を自由に描きました。続いて、3匹の魚とサメが動き回るようにプログラミングを行い、ダイバーはパソコンの十字ボタンに応じて自分で動かせるようにコンピュータに命令を行いました。
 このゲームは、岩から出てくる「赤色の魚を捕まえろ」のような命令に従って、ダイバーを十字キーで動かし、命令通りに魚を捕まえられると得点が入ります。逆に、ダイバーがサメに捕まってしまうとゲームオーバーになるというゲームです。岩から出てくる「赤色の魚を捕まえろ」のような命令も、もちろん自分でプログラミングします。
 早く完成して時間が余った生徒は、動き回る魚の動き方やスピードを変えたり、デザインやルール、岩からの命令文などの改良を加えたりして、自分オリジナルのゲームに仕上げました。

これから作るゲームの説明を受けています

キャラクターとなる魚を描いています

様々な命令をプログラムしています