静岡学園中学校・高等学校

静岡学園中学校 静岡学園高等学校

静学ブログ


    Warning: Use of undefined constant show_count - assumed 'show_count' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/web18/8/1/0247018/www.shizugaku.ed.jp/wp/wp-content/themes/shizugaku/archive.php on line 9

    Warning: Use of undefined constant hide_empty - assumed 'hide_empty' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/web18/8/1/0247018/www.shizugaku.ed.jp/wp/wp-content/themes/shizugaku/archive.php on line 10

    Warning: Use of undefined constant child_of - assumed 'child_of' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/web18/8/1/0247018/www.shizugaku.ed.jp/wp/wp-content/themes/shizugaku/archive.php on line 11

    Warning: Use of undefined constant title_li - assumed 'title_li' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/web18/8/1/0247018/www.shizugaku.ed.jp/wp/wp-content/themes/shizugaku/archive.php on line 12

    Warning: Use of undefined constant orderby - assumed 'orderby' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/web18/8/1/0247018/www.shizugaku.ed.jp/wp/wp-content/themes/shizugaku/archive.php on line 13
  • 学校からのお知らせ
  • スクールライフ
  • 部活動
  • 入試情報
  • SGTレポート
  • 静学からの挑戦状
2021年11月4日

【陸上競技部】東海高校新人戦結果

 10月30日(土)31日(日)の2日にわたり、静岡スタジアムエコパにおいて陸上競技の東海高校新人戦が行われました。本校は桶谷佳弘さんが男子三段跳で5位、杉山月乃さんが女子5000m競歩で8位に入賞しました。来年度のさらなる活躍を期待していただければうれしいです。




2021年11月2日

SGT教養講座 ニュートンの林檎の木とジャム作り

 10月30日(土)、放課後の時間を利用しSGT『ニュートンの林檎の木とジャム作り』が実施されました。調理実習を含むSGTのため、新型コロナウイルス肺炎感染防止のため中高合わせての募集人数を減らしての募集となりましたが9名の高校生が参加してくれました。講師は、本校家庭科教諭、伊藤純子先生です。感染対策として実習前に検温・アルコール消毒を行った上で実施しました。
 
 まず本校の学び支援課課長の山本先生から3本の知恵の木(ニュートンの林檎の木、メンデルのブドウの木、平瀬作五郎博士のイチョウの木)についての説明がありました。それぞれの木に移転に際しこれらの木々を選定された前校長の石田先生の熱い思いが込められており、参加した生徒は興味深く聞いていました。

 その後、本校で収穫した林檎を使いジャム作りをしました。今年は去年に比べて収穫も少なく52個しかありませんでした。さらにコロナ禍による臨時休校のため8月2日に収穫した林檎を約3ヶ月間冷蔵庫で保存していたためさらに傷んでしまい、残念ながら破棄したものもありました。それでも傷んでいない林檎は、多少表面が柔らかくなってしまっていても使ったため、皮むきに苦戦することもありました。

 皮を剥いたリンゴは、半分をすりおろし、残りをいちょう切りにします。すべて切り終わったらグラニュー糖とレモン汁を入れて約30分程度に込みます。調理室いっぱいに林檎の甘酸っぱい香りが漂いました。本校は東鷹匠の地に移転して移転してから今年で11年経ちます。新しい学び舎と一緒に育ってきた木から収穫した林檎でジャムを作ることは、生徒にとっても共に本校の歴史を刻む貴重な体験になったのではないでしょうか。

 来年はさらに多くの林檎が実ることを期待し、より多くの生徒と一緒に林檎のジャムを作ることを楽しみにまた1年待ちます。








2021年11月2日

SGT農業体験講座〜棚田で遊ぼう〜第7回棚田Tour

 10月23日(土)、「SGT農業体験講座〜棚田で遊ぼう〜第7回棚田Tour」が行われました。教員2名と中学生10名、高校生2名が参加しました。清沢塾塾生のご指導の下、今回は、稲刈りをしました。昨年度は猪の侵入により収穫量が減ってしまいましたが、今年は高い電気柵を張り巡らせてあったことから8月の長雨にたたられ収穫が遅れはしたものの実り豊かな収穫日となりました。作業の前に清沢塾名誉塾長で元静岡大学副学長の中井先生からこれからの農業についてのお話をお聞きしました。先生は、コロナ禍によって失われてしまった共感する力が大切であるとのお話をされました。

 生徒たちは稲刈りをするグループと束ねるグループの2つに分かれて作業をしました。途中で、稲の束を天火干しするためのはざを作りました。天火干しをすると米の甘みや旨味が増し、精米の時に割れる米が少なくなると言われています。今回は私たちが田植えをした4段目の稲刈りをしました。3束から4束をまとめて紐で縛り、はざに掛けます。縛る時に緩すぎると掛ける時に稲が抜けてしまうこともあるため念入りに確認しながら掛けていきます。当日は、静岡大学の農学部の学生もとなりの田で稲刈りをしており、生徒たちにも良い刺激になったようです。

 次回は、いよいよ脱穀です。11月6日(土)に実施します。足踏み脱穀機を使い、脱穀します。今年度最後の農業体験講座となります。また清沢塾塾長のご配慮によりひと足早く収穫した新米を羽釜で炊いて試食させていただくことになりました。さて今年はどんなお米に育ったのでしょうか。試食が楽しみです。











2021年11月2日

SGT 中学2年生陶芸教室C班、2日目

 10月21日(木)、SGT 中学2年生対象の陶芸教室C班の2日目の講座がありました。講師は、陶芸しみず春日工房の山本敬之先生です。

 2日目は、茶碗の高台を削ります。まず山本先生の実演による削り方の説明を見ながら注意すべきところについて学びます。

 実演による説明を見学した後、山本先生から一人ひとり1日目に作った茶碗をもらい、ろくろの上で高台を削り出していきます。底の厚さに気をつけて削らないと穴が空いてしまいます。生徒たちは慎重に作業をしていましたが、中には削り過ぎて穴が空いてしまった生徒もおり、山本先生に補修してもらった生徒もいました。

 出来上がった作品は、小皿と一緒に本校の窯に入れ800℃で1週間程ゆっくり素焼きします。ちょうど縄文土器を焼かれた時と同じ位の温度だそうです。

 次回は、この素焼きした茶碗と小皿に釉薬を掛け1240℃で本焼きしていきます。お楽しみに。







2021年11月2日

SGT 中学2年生陶芸教室C班、1日目

 10月14日(木)、SGT 中学2年生対象の陶芸教室C班の1日目の講座がありました。講師は、陶芸しみず春日工房の山本敬之先生です。
 
 1日目は、茶碗と小皿を作ります。全3回の講座です。最初に完成までの大まかな説明を聞き、次に山本先生の実演による説明を見ながら陶器の製作について学びます。
 
 実演による説明を見学した後、山本先生から一人ひとり粘土をもらい、ろくろの上で丸い粘土の塊を器の形にしていきます。茶碗は縁の部分を広げすぎてしまうと薄く平たい茶碗になってしまうため、広く広がり過ぎないように気をつけて形を作っていきます。形を整えたら丁寧に表面や縁の角の部分を整えて茶碗は出来上がりです。中には縁が薄くなり過ぎてやり直した生徒もいましたが、山本先生に助けていただき形を整えることが出来ました。
 
 次に小皿に取り掛かります。粘土を丸く平らに伸ばしたら縁の部分を軽く折り曲げます。最後に模様を付けたら完成です。

 1週間程自然乾燥させたのち高台を削り出します。次回をお楽しみに。