静岡学園中学校・高等学校

静岡学園中学校 静岡学園高等学校

静学ブログ

2022年7月26日

SGT 静学オリジナルのラジオCMを作ろう

 7月25日(月)の放課後にSGT「静学オリジナルのラジオCMを作ろう」(1回目)を行いました。講師はFMラジオ局K-mixに勤務されている、本校卒業生の大倉広己先生です。
 この講座では、生徒が自分で作った原稿を、実際のスタジオで自分のナレーションで収録し、FMラジオで実際に放送されます。
 最初に講師と受講生それぞれの自己紹介をお互いにしました。講師の大倉先生は静学に在学していたときの様子、放送局に就職した理由など、お話しされました。また、受講生からは、このSGTに参加した理由も一言ずつ紹介し、「アナウンサー志望」「声優に興味がある」「ラジオをよく聞く」など、それぞれの思いを紹介し合い、どの受講生も目的意識を持って参加してくれました。
 今回の講座では、前半で「放送局についての全般的な話」や「ラジオCMについての話」を聞き、「実際に流れているラジオCM」を聞きました。後半で「自己PRのラジオCM」をお題として学年・名前・この夏に頑張りたいことを、20秒のCM風にまとめる原稿作り実習を行いました。最後に「静学のPRのCM」の原稿を作るという課題が与えられ、次回の8月30日の講座でCMコピー作品案を発表し合い、添削指導を受ける予定です。
 今回の講座を受けて、これまでとは違った角度からラジオ番組やラジオCMを聞き取れるようになったと思います。この後も色々なラジオCMを参考に、自分オリジナルの「静学のPRのCM」を作っていきます。

お互いの自己紹介をしました

「自己PRのラジオCM」というお題で実習

「静学のPRのCM」の原稿を作っています

2022年7月26日

SGT 中学生のためのプログラミング講座

 7月19日(火)と7月25日(月)の放課後にSGT「中学生のためのプログラミング講座」(2回目と3回目)を行いました。講師は、Programming School、D-schoolの井澤皇暉先生です。
 この講座では、スクラッチというプログラミング言語を使って、簡単なゲーム作りをしています。今回は「Catch the Fish」というゲームを作成しました。
 まず、キャラクターとなる3匹の魚、海を潜るダイバー、サメ、海の中の岩、海の中の背景を自由に描きました。続いて、3匹の魚とサメが動き回るようにプログラミングを行い、ダイバーはパソコンの十字ボタンに応じて自分で動かせるようにコンピュータに命令を行いました。
 このゲームは、岩から出てくる「赤色の魚を捕まえろ」のような命令に従って、ダイバーを十字キーで動かし、命令通りに魚を捕まえられると得点が入ります。逆に、ダイバーがサメに捕まってしまうとゲームオーバーになるというゲームです。岩から出てくる「赤色の魚を捕まえろ」のような命令も、もちろん自分でプログラミングします。
 早く完成して時間が余った生徒は、動き回る魚の動き方やスピードを変えたり、デザインやルール、岩からの命令文などの改良を加えたりして、自分オリジナルのゲームに仕上げました。

これから作るゲームの説明を受けています

キャラクターとなる魚を描いています

様々な命令をプログラムしています

2022年7月26日

SGT農業体験講座〜棚田で遊ぼう〜第4回棚田ツアー

 7月23日(土)に第4回のSGT農業体験講座を行いました。中学生と高校生を合わせて18名が参加しました。今回は「雑草の除去と田の整備」の農業体験でした。

 6月の農業体験で「田植え」を行いましたが、植えた苗が順調に育っています。最初に清沢塾の塾長より雑草と稲の成長との関係について学びました。雑草は土を柔らかくし、土を豊かにする良い面がある一方で、この時期は稲の成長の妨げになる敵であるため、雑草の除去の大切さを理解しました。
 また、雑草は水路の流れも妨げるため、水路の草取りをする班と、田んぼの中の雑草を除去する班に分かれて作業を行いました。さらに一部の生徒は、沢に橋をかける作業も行い、棚田の設備を整えました。
 午後は、苗を植えていない田んぼに新たな水路を作る作業も行いました。水路にする部分を掘り起こし、掘った土を土手にする作業を繰り返すことで水路が出来上がっていきました。稲が育つ間にも、様々な整備があることも学びました。

 前回の田植えから今回の草刈りまでの間に、棚田には鳥獣被害を防止するためのネットも張られていて、農作物は天候・自然災害・鳥獣被害などの様々な障害を乗り越えて作られているという事を実感しました。

 なお、昨今の感染症が拡大している事を受け、通常以上に感染拡大の予防と熱中症の予防の両方に留意しながら今回の活動を行いました。

6月に植えた苗が育っています

田んぼの草を刈り稲の成長を促進させます

水路の雑草を刈り水の流れを良くします

沢に橋をかけました

これから水路を作ります

水路ができました

鳥獣防止ネットで稲を守ります

2022年7月8日

SGT 防災講話

7月7日、神奈川県立保健福祉大学の熊谷圭二郞先生をお招きし、防災講話を開催しました。熊谷先生は、東日本大震災当時、宮城県の高校の教員をされていましたが、震災とそこからの復興をきっかけに、より多くの人のつながりをつくりたいという気持ちで大学に活動の場を移した経歴をお持ちです。32名の生徒、教員が参加し、震災当時の現実と、今を生きる私たちが大切にしなければならないことについて学びました。大きなストレスからの心の回復は、災害に限らず様々な場面で必要になっています。参加者からは多くの質問も出され、これからの人生に役立つ講話になったと思います。今後の本校生徒の活躍にご期待下さい。




2022年7月8日

SGT 第1回 陶芸講座

7月7日にSGT第1回「陶芸講座」を行いました。
今年は「陶器の灯」の陶芸作品を作成します。
世界で1つだけのオリジナルデザインで、完成した作品はインテリアとして自分の部屋などに飾ります。

今日は最初に陶芸家の講師の先生から、工程の説明や作品のサンプル、作成のお手本の説明を受けた後、粘土でベースとなる部分を作り始めました。粘土でドーナツ型を作り、上へ重ねて円筒形を作ります。時々、物差しで直径や高さを確認しながら形を整えていきます。
段々と背が高くなっていき、ベースとなる部分が完成しました。上部は各自のイメージに合わせて思い思いの形に仕上げました。

次回は8月23日で、灯が見えるように穴を開けてデザインする予定です。

作品サンプル

作り方の説明とお手本

ドーナツ形を作り土台を作ります

定規で長さを確認しながらドーナツ形を積み上げ円筒形を作ります

完成が近づいてきました