静岡学園中学校・高等学校

静岡学園中学校 静岡学園高等学校

静学ブログ

2022年6月21日

SGT農業体験講座〜棚田で遊ぼう〜第3回棚田ツアー

 6月18日(土)に第3回のSGT農業体験講座を行いました。中学生と高校生を合わせて22名が参加しました。今回は「田植え」の農業体験でした。

 4月の農業体験で「種まき」を行いましたが、それが苗として育ち、その苗を植えるのが今回の体験でした。最初に清沢塾の塾長より苗を植える上での注意点やポイントの説明を聞き、苗は赤ちゃんと同じなので優しく扱う必要があることを学びました。そのあと、初心者と昨年も参加した経験者を混在させたグループに分けて活動し、経験者がリーダーシップをとりながら初心者と協力して田植えを行いました。手作業での田植えのため、等間隔に目印を付けたロープを張り、目印に合わせて苗を縦横等間隔に1本1本植えました。植える際には苗が地面と垂直になるように植えるなど、最初は戸惑いながらも手作業での農業体験を行いました。

 昼前より雨天となり、午後の農作業は中止となりましたが、計画していた田植えの作業は、午前中にほぼ終えることができたので「田植え」の農業体験は満喫できたようです。改めて、農作業は天候にも左右されるという厳しい現実も実感しました。

〔その他の現在実施しているSGT〕
・プログラミングC言語入門
・合唱コンクール(Nコンに出場しよう)
・時間をかけて考える東大入試の数学
・和文化を学ぶ
・美術系大学受験対策講座
・中学生のためのプログラミング講座(スクラッチでゲームを作ろう)

〔今後実施するSGT〕
・ステンドグラス アート
・陶芸講座
・オーラライトによる自己分析
・防災講話

〔今後予定されているSGT〕
・写真の楽しみ方
・静学オリジナルのラジオCMを作ろう
・高校生のためのプログラミング講座(Robloxでゲームを作ろう)

塾長から苗についての説明を受けています

田植えの様子

手前の生徒が等間隔の目印の道具を扱っています

2022年6月9日

SGT 中学生のためのプログラミング講座

 6月7日(火)の放課後にSGT「中学生のためのプログラミング講座」(1回目)を行いました。講師は、Programming School、D-schoolの井澤皇暉先生です。
 この講座では、スクラッチというプログラミング言語を使って、コンピュータにどのような命令を与えると、どのような動きをするのかを実際に確かめながら、プログラミングについて仕組みを理解しました。今回はパソコンの画面上のキャラクターにダンスをさせたり、ダンスの舞台の色を変えたりするプログラムを組むことで、スクラッチでのプログラミングに慣れました。各生徒の想像した通りの動きになるプログラムが組めたときは、感動を味わえたと思います。
 今年度は中学生のパソコン部に所属する生徒にも参加してもらい、初心者から経験者までそれぞれの習得度合いに応じて、講座を進めました。初心者は講師の説明とプロジェクターに写し出された画面の様子を見ながら丁寧にプログラミングを学習しました。一方、パソコン部に所属する生徒は、プログラミングに慣れている生徒も多く、より高度なテクニックを駆使していました。もう1人の指導員の助言を受けながら、より深くプログラミングを学習しました。
 全6回の講座で、最後の6回目の講座では、各生徒が作成したオリジナルゲームを発表し合う予定です。どのようなオリジナルゲームができるのか楽しみです。

 なお、高校生のためのプログラミング講座も今後予定しています。高校生はロブロックスというゲーム作成システムを用いてプログラミングを学習し、各生徒がオリジナルゲームを作成する予定です。

2022年5月30日

SGT農業体験講座〜棚田で遊ぼう〜第2回棚田ツアー

 5月28日(土)に第2回のSGT農業体験講座を行いました。前日の朝は大雨でしたが、当日は天気に恵まれ汗ばむ陽気でした。水分補給をこまめに行いながら「来月の田植えに備えての田んぼの整備」と「お茶摘み」の農作業を行いました。

 今回は、前日の大雨で田んぼに水を流す水路に土砂が溜まり、水路の復旧作業も加わりました。改めて、農業は自然災害との戦いでもあることを実感しました。また、沢の水を田んぼに直接流すと、水温が冷たすぎるので、一旦ため池に水を溜めて温めてから田んぼに水を流しているということも、復旧作業を行なった生徒が清沢塾の塾生さんから学びました。

 なお、お茶摘みで各自で摘んだお茶の葉は、各家庭に持ち帰り、各家庭で製茶(家庭の電子レンジで簡単に製茶できます)して飲みます。

〔その他の現在実施しているSGT〕
・プログラミングC言語入門
・合唱コンクール(Nコンに出場しよう)
・時間をかけて考える東大入試の数学
・和文化を学ぶ
・美術系大学受験対策講座

〔今後実施するSGT〕
・ステンドグラス アート
・陶芸講座
・中学生のためのプログラミング講座(スクラッチでゲームを作ろう)

〔今後予定されているSGT〕
・オーラライトによる自己分析
・防災講話
・写真の楽しみ方
・静学オリジナルのラジオCMを作ろう
・高校生のためのプログラミング講座(Robloxでゲームを作ろう)

お茶摘み

田んぼの整備(雑草取り)

田んぼの整備(土を水平に整える)

2022年4月25日

SGT農業体験講座〜棚田で遊ぼう〜第1回棚田ツアー

 SGT農業体験「棚田で遊ぼう」が4月23日(土)に実施され、中学生と高校生を合わせて28名が参加しました。天候にも恵まれ、沢の水の流れの音や小鳥のさえずりをBGMに、今回は「田起こし」「種まき」の農業体験ができました。

 この棚田では、清沢塾の塾生の皆さんの指導を仰ぎながら活動するだけではなく、昨年も参加した生徒が率先してリーダーシップを取りながら活動を進める場面もあり、生徒同士の交流も見られました。農業体験を通じて農業だけではなく、食べ物が作られるまでの苦労もわかり、食べ物のありがたさも実感できたのではないかと思います。また、普段の授業では得られない、大自然の中での貴重な体験も出来ました。

 今後も11月まで月に1回継続して実施します。田植えから収穫までの体験ができます。都合の良い日だけ参加も可能となっています。これからも継続的に募集しますので、これから参加する未経験の生徒には、知っているようで知らなかった農業の体験が得られることでしょう。また、参加経験者は、経験を発揮してさらに高いリーダーシップが発揮できるたくましい人材へと成長する姿が楽しみです。SGTを通じて、稲の成長とともに生徒たちも成長していくことでしょう。

【写真】
①清沢塾の小長谷塾長から「無農薬での米作り」について説明を聞いています
②「アサヒ」「ミドリ米」「神秘」という米の種まき
③田おこしでは、オタマジャクシやアカハライモリなどの生き物とも遭遇
④昼食では清沢塾の塾生有志の方による味噌汁が振る舞われました




2022年3月30日

SGT中2ステンドグラス教室B班、SGT Stained Glass Art、作品出品

 3月17日(木)から21日(月)まで静岡市駅南のサウスポット静岡3F静岡ホビースクエアを会場にステンドグラス工房かわもとの第26回作品展が開催されました。本校では、かわもと工房のかわもとみえ先生に中学2年生の選択者と中高生の選択者のステンドグラスのSGT講座を担当していただいていることから、毎年、生徒の作品を出展しています。今年度は、まん延防止法の影響もあり、当初開催予定であった9月から3月に変更しての開催となりました。中学生はOrnament Boxを、中学生・高校生の選択者は時計を出品しました。開催期間中は多くの生徒・保護者にご来場いただきました。ありがとうございました。