静岡学園中学校・高等学校

静岡学園中学校 静岡学園高等学校

静学ブログ

2021年3月31日

SGT農業体験講座〜棚田で遊ぼう〜事前講義

 3月26日(金)、放課後の時間を利用しSGT農業体験講座〜棚田で遊ぼう〜事前講義が行われました。テーマは、『農と食の倫理-コロナ禍の時代をいかに生きるか』です。本講座は、主に次年度の農業体験講座に参加を希望する在校生を対象として毎年実施されている講座ですが、今年度は中学生が8名参加しました。講師は、静岡大学農学部名誉教授中井弘和先生です。中井先生は、清沢の棚田の再生を進める清沢塾の前塾長です。現在も稲の品種改良についての研究をされており、無農薬で稲を育てる自然農法を提唱され実践されています。

 先生は、食の原点は土に触れることであることを常々おっしゃられています。土から作られる様々な作物が育っていく過程を一緒に見守りながらその成長を手助けし最後にその恵みをいただくことが心や精神の成長に繋がるというお考えです。

 戦後、敗戦国となった日本は食糧の増産に励みましたが、その結果大量の化学肥料や農薬を使用しました。現在も先進国の中で農薬の使用量が最も多い国の一つが日本だと言います。見た目は美しく食欲をそそるような野菜も昭和20年代に比べると、ビタミンAやビタミンCの含有料が著しく減ってしまったものもあるそうです。その一例として先生は、ほうれん草をあげ、ビタミンAとCの含有量の低下ついて説明されました。それによると昭和29年を100%とした場合、平成12年にはビタミンAが21.3%にビタミンCが35%にまで減ってしまっているとのことでした。ビタミン豊富な『宝石野菜』と呼ばれる野菜の一つであるほうれん草もこれではまるで『貧血野菜』です。

 こうした野菜を作る上で欠かせないのが農薬です。日本は1平方キロメートルあたり13.2Kgの農薬を散布しています。日本の農水省が2009年に発表したデータによると、オランダは9.0kg、イギリスは3.5kg、ドイツは3.2kg、フランスは3.3kg、ノルウェーは0.6kgでアメリカは研究者である水野玲子氏のデータによると1.7kgだそうです。先進国の使用料から比べると、日本は農地面積が狭いにもかかわらず圧倒的に使用料が多いとのことでした。しかも日本ではEUでその使用が危険視されている有機リン剤のネオニコチノイド系農薬(イミダクロブリド、クロチアニジン、アセタミブリド、イミダクロプリド、ジノテフランなど)が使われています。EU諸国ではこれらの農薬のうち3種を2013年から使用禁止にしました。これは蜂やトンボ、雀といった野生生物が激減したことが原因です。日本でもミツバチの減少が報告されていますが、日本の農水省は農薬による影響を認めていません。また残留農薬も苺はやブドウなどEU諸国に比べると多く、苺は、EUが0.01ppmに対して日本は3ppm、ブドウはEUが0.01ppmに対して日本は5ppmという数値が出ています。またEUは2008年から農薬の空中散布を2008年から禁止したそうです。

 米も同様にコシヒカリを中心としたもちもちとした食感の米が好まれ作られるようになりました。しかしこれがアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を引き起こす原因を作っているとのことです。清沢の棚田では、明治時代に自然な品種改良によって生まれた旭と亀の尾を栽培しています。これらの米は食感があっさりしていてたくさん食べることが出来ます。しかもアトピー性皮膚炎を癒す効果もあるとのことです。
 
 本当においしい食物とは、心と体を癒す効果がある薬菜であるというのが、先生の基本的な考え方です。先進国で自殺率が高いことや発達障害と呼ばれる子どもたちが増えているのもこうした農薬まみれの野菜を摂取したり、アレルギーを招く食材を毎日摂取しているからではないでしょうか。

 最後にコロナ禍にあってかって当たり前であった生活が当たり前ではなくなってきているが、コロナ禍が収まり元の生活に戻ろうとすれば、また新たな危機が訪れるのではないかというお話もされました。自然を大切にする生活・社会を作らなければならないとおっしゃる先生のお話が印象的でした。

 さて、令和3年度の農業体験講座ですが、第1回は4月24日(土)に行われます。新入生の皆さんの中にもこのBlog記事を読んで参加してみたいと思った生徒もいることでしょう。4月12日(月)から教員室西側掲示版に参加登録表を掲示します。希望者は、教室掲示のチラシをよく読み、日程と時間を確認の上、参加登録表に必要事項を記入して下さい。定員は中高合わせて30名です。本校からバスで清沢の棚田に向かいます。交通費は無料です。あなたも土と触れ合ってみませんか。









2021年3月11日

防災SGTプレゼンテーション

 今年の3月11日で、東日本大震災から10年となりました。10年前、本校の校舎は聖一色にありました。翌4月からちょうど東鷹匠へ移転になりましたので、旧校舎の廃棄予定だった机やいすを岩手県へ送りました。

 あれから10年、当時は幼稚園児や小学生だった本校高校生有志が防災について調べ、発表しました。その中では宮城県石巻市をオンラインで結び、現地で活動するボランティアスタッフの方から「災害は誰の身にも起こりうるものだから、常に備えなければならない」とのメッセージをいただきました。参加者との質疑では、現在の被災地の抱える課題についても話題が広がり、多くの学びを得ました。本校から、未来の社会をつくる担い手が育つことを期待しています。



2021年2月12日

SGT教養講座 Flower Arrangement 追記

 本校のSGT教養講座Flower Arrangementを担当している(株)村松園芸代表取締役でFlower Designerの村松文彦先生のFlower Arrangement作品が静岡駅のConcourseに展示されています。県内産の美しいバラの花をふんだんに使った天使の羽をImageした作品です。お立ち寄りの際は、ぜひご覧下さい。

2021年2月12日

SGT 教養講座Flower Arrangement

 2月6日(土)、放課後の時間を利用してSGT教養講座Flower Arrangementが行われました。講師は、株式会社村松園芸を経営され世界中で活躍されているFlower Designerの村松文彦先生です。今年度は新型コロナウイルス感染症対策のため、保護者対象には開講ぜす生徒のみを募集対象とし開講しました。今年度は春のお花を使ったArrangementをテーマにValentineを意識した作品を制作しました。

 最初に村松先生がデモンストレーションで3つ大きな作品を作ってくださいました。1つ目は結婚式に使うBouquet、2つ目はValentineをテーマにしたLease、3つ目は今人気のGreen系の色をふんだんに取り入れたBasket Flowerを作ってくださいました。先生が使っている花は、MalaysiaやColombiaなど海外から輸入したものもありますが、バラやGerberaなどで静岡産のものもありました。昨年は、コロナ禍のため結婚式など多くの人たちが集まるEventが延期や中止となり、お花屋さんや花の生産者には辛い一年となりましたが、真っ赤なバラの花を使った村松先生の作品は、静岡県内で生産されているお花を紹介していただくよい機会にもなりました。

 次に会場を変え、生徒はFlower Arrangementに挑戦しました。淡いPink色のSweet peaを使い、先生のご指導の下、見本を見ながら作品を作っていくのですが、生徒一人一人の個性を活かした素晴らしい作品ができました。また生徒の中には余ったお花で小さなBouquetを作った生徒もいました。コロナ禍で世の中が暗い中、日常にお花を取り入れることで心が明るくなります。皆さんもぜひ日常生活にお花を取り入れてみてください。先生の作品は、本校教育棟1階の玄関床の間と応接室に飾られています。本校にお立ち寄りの際はぜひご覧ください。


















2020年12月24日

SGT教養講座 中高生のための数楽教室

 12月23日(水)、放課後の時間を利用しSGT教養講座 中高生のための数楽教室が行われました。講師は、静岡県立大学名誉教授小林みどり先生です。テーマは、『美しい模様に潜む性質とは -対称性の美を味わう-』です。今年は高校1年生が3名参加しました。

 まず身近なものの中で私たちが美しいと感じる建物や模様、雪の結晶を例にあげそれらが対称性をもつものであり、左右対称や上下対称、回転対象であることを解説した上で正三角形、正四角形、正五角形、正六角形の対称軸の数と何回転割の回転対象であるかを考えました。またオリンピック・パラリンピックのエンブレム、1970年の大阪万博と2025年の大阪万博のエンブレムの対称性について考えたりしました。しかし1970年の大阪万博と言えば、会場の中心に設置された岡本太郎作の『太陽の塔』が有名です。こちらも対称性があります。

 一方で日本の伝統的文様にも対称性があります。乳児が着る服の文様には必ず麻の葉模様が使われるのに対し、明治・大正時代の男性や大学の卒業式では矢絣模様が入った着物を着ます。また今年大ブームを起こしている漫画『鬼滅の刃』の主人公、竃門炭治郎が着る羽織は市松模様、その妹、禰豆子は麻の葉、我妻善逸は鱗模様、冨岡義勇の着る羽織の右側は亀甲柄です。着物の柄など繰り返し模様は、並行移動で重なるものが多く、美しいものです。このように移動して重なる時を移動対象というそうです。アラブ圏では、アラベスク模様が有名です。日本ではこれが古代の中国を経て伝わり、唐草模様といいます。またこうした対象美に対して非対称美もあります。それが盆栽です。

 こうした説明のあと正多面体や正四面体、半正多面体を作り、その特徴を考えながら図形のもつ数学的特徴について問題を解きながら学びました。

 生活の中にあるさまざまな文化的な要素を取り入れた小林先生の講義は、数学が苦手な生徒であっても毎回、あっという間にその魅力に引き込まれていく大変面白い講義です。

 今回参加した生徒たちも大変充実した時間を過ごすことが出来たようで満足度が高い学びの時間になったかと思います。

 さて、来年はどのようなことをテーマに取り上げてくれるのでしょうか。お楽しみに。