静岡学園中学校・高等学校

静岡学園中学校 静岡学園高等学校

静学ブログ

2019年3月7日

SGT Flower Arrangement

 2月2日(土)の放課後を使い、SGT Fower Arrangementが開催されました。講師は、Flower Designerの村松文彦先生です。今年は、春のお花を使ったArrangementを作成しました。本校がこちらに移転して以来、先生には毎年、本講座を担当していただいておりますが、毎年、テーマに合わせて美しい作品をお創りいただけるので、校内も華やぎます。今年もDemonstrationで静岡市で栽培されているお花を使った作品を作っていただきました。先生の楽しいお話をお聞きしながら自分でも作品が創ることが出来る体験型の講義ということもあって、毎年生徒・保護者の参加申し込みが多く、20名の定員枠があっという間に埋ってしまうほどの人気講座ですが、リピーターが多いのも本講座の特徴です。さて、今年の作品はいかがでしょうか。お写真でお楽しみ下さい。

2019年3月7日

SGT教養講座 財務大臣になって日本の財政について考えよう!

 1月29日(火)放課後、SGT教養講座 財務大臣になって日本の財政について考えよう!が行われました。講師は、財務省東海財務局静岡財務事務所職員の方たちと名古屋国税局静岡税務署職員の方です。中学1年生が2名、高校2年生が16名参加しました。最初に静岡財務事務所職員の方から財政について簡単にお話を聞いたあと財政の役割ついてVideoを見ました。続いて日本の税制について静岡税務署職員の方から日本の税制についてお話を聞きました。中学1年生は、税の種類、税の使われ方、徴税方法について初めて学びました。高校2年生は中学3年生や高校1年生の時に公民や現代社会で習った財政政策と租税制度について思い出した生徒もいたようです。次にTablet PCを使い、日本の財政について各Groupに分かれ、話し合いながら考えました。生徒たちは、歳入を社会保障関係費、公共事業関係費、文教および科学振興費、防衛関係費、地方交付税交付金など、どこにどれだけ振り分けたらよいのかパラメーターを上下させながら予算を振り分けました。作業の過程で日本は公債金の発行が多いことに気付いた生徒もいるようです。歳入の中でも大きな比重をしめているのが公債金です。その支払いのため国債費がかさみます。歳入を増やし、歳出をなるべく抑制したいところですが、その分、国債費の支払いに回す予算が少なくなり公債金が増えてしまいます。そのため各グループで防衛関係費を削減し、文教および科学振興費に充てるPlanや少子化対策のため社会保障関係費を減らすなど工夫をするPlanを考えたグループもありました。最後に各グループの代表者が財政案をまとめて発表しました。どのグループも最終的には防衛関係費を減らし、社会保障関係費や文教および科学振興費を増やしていたのが印象的でした。なお今回のSGTは、1月30日(水)の静岡新聞朝刊にも掲載されました。

2019年3月6日

SGT English Winter Camp Teaching Assistant 2018

 12月26日(水)から28日(金)の特別授業の放課後を使い、English Winter Camp Teaching Assistantが行われました。中学生対象のEnglish Winter Campに合わせ、英検2級以上の資格を持っている高校生が、ALTのAssistantをしながらともに英話を使ったActivityに参加しようという企画です。今回は高校2年生が1名参加しました。講師は本校のALT2名のほか、外部ALT2名とNative Speakerの2人がVolunteer Assistantとして協力してくれました。参加した中学生の英語レベルが比較的高かったことから大変充実したEnglish campになりました。特に毎回最後に行ったRole-playing Gameは、大人気で大変楽しみながら英語を学ぶことが出来ました。

2019年3月2日

「第53回卒業式」を挙行しました(3月2日)。

3月2日、暖かな日差しの中、第53回卒業式が厳かに行われ、346名が卒業しました。

2019年3月1日

高校3年生ファイナルSGT講座

3月1日、卒業生を対象に村松文彦先生(フラワーデザインワールドチャンピオン)によるSGT授業が開講されました。

授業のテーマは「夢」ということで、先生の実体験を交えながら講演されました。

授業の中で作成された最後の作品は、各クラスの代表1名が先生の助言を得ながら一輪ずつ花を添え、3月2日に行われる卒業式の壇上に上がます。