静岡学園中学校・高等学校

静岡学園中学校 静岡学園高等学校

静学ブログ

2020年12月22日

SGT Repeat講座 Global Communication 第2回 原一夫先生との対話 素晴らしい人間とその世界~東京ディズニーランド秘話~

 12月17日(木)、放課後の時間を利用しSGT教養講座Global Communication 第2回原一夫先生との対話が行われました。前回の講座が大人気で参加できなかった生徒が多数いたため今回は特別にRepeat講座が開かれました。先生は、株式会社オリエンタルランドのセキュリティ部リスクマネジメント担当者としてお勤めになられておられましたが現在は退職され、小学校を中心にディズニーランドについてご講演されているそうです。参加者は10名(中学1年生6名、高校2年生4名)です。

 まず初めにディズニーランドについてお話していただきました。東京ディズニーランドは1983年に開園し、開園当初は日本の修学旅行を変えるという目標があったそうです。実際、今では年間100万人以上の修学旅行生が来園しているそうです。ディズニーランドは、ディズニーテーマパークとしてエリアごとにキャストのコスチュームなど全てをテーマ化してあります。例えば、ディズニーランドは左回りに古代から現代への時の流れを表しています。反対に、ディズニーシーは各国の体験ができるように分かれています。またゲストに対して最高のおもてなしをするためにキャストは様々なトレーニングを受けています。キャストはまず入社すると3日間オリエンタルランド本社にあるディズニーユニバーシティーと言われるところで3日間おもてなしについて学びます。本講座の中でも生徒は実際にキャストトレーニングの1つであるアイコンタクトを体験しました。相手の目を見て話すことの大切さを実感していました。またキャストはゲストに対して不快な思いをさせないよう、茶髪、ネイル、髭などを禁止し、ゲストを不安にさせないよう年間で約300回近くの避難訓練を行っています。この訓練のおかげで、生徒の中には、2011年に起こった東日本大震災の時にディズニーランドで被災しましたが、キャストの声掛けや誘導によって安心したという体験をした生徒もいました。

 次にディズニーランド開園当初の社長高橋さんのことばについて話していただきました。高橋さんの希望を叶える言葉、やるだけのことを全力でやった人が持っている「うん」、何事にも動じない生き方をする「どん」、粘り強い根気をもつ「こん」、この3つの言葉を話してくださいました。また原先生は心の中に「向き不向きよりも前向きに」という言葉を胸に様々なことに挑戦しているそうです。

 ゲスト思いなおもてなしや、ディズニーリゾート内の工夫を聞いてディズニーリゾートに行きたくなった生徒も多いと思います。大変人気のある講座ですが、残念ながら今回も参加出来なかった生徒のために講師の原先生に来年度の開講もお願いしました。来週から特別授業が始まり、午後には様々なSGTが新型コロナウイルス感染症対策を行った上で開催されます。お楽しみに。