静岡学園中学校・高等学校

静岡学園中学校 静岡学園高等学校

静学ブログ

2020年6月15日

SGT教養講座 Mac Book Airで学ぶ中学生のためのProgramming教室、始まる。

 6月9日(火)、放課後の時間を利用しSGT教養講座 Mac Book Airで学ぶ中学生のためのProgramming教室が始まりました。限定10名の講座ですが、中学1年生が9名、中学3年生が1名参加しました。本講座は、全6回の講座でRobot Programmingを行います。講師は、Programming school、D-schoolの水島先生と今澄先生です。今年から小学校では、Programmingの授業が必修化されましたが、本校では数年前から中学生を対象とした講座を開講しています。昨年度は、本校の生徒の中にも小学生の頃、Programming schoolに通っていたことがある生徒もいましたが、今年度は全員一からStartです。第1回は、LEDの点灯とMotorを動かすProgrammingをProgramming言語であるScratchを使い、行いました。Scratchを使ったProgrammingは、小学校でも実践しているところが多いかと思います。しかしそれは日本語に置き換えたものです。本校では、原語の英語でProgrammingを行います。分らない単語は、辞書で調べたり、Macを使いInternetを活用して調べます。中学1年生にはなかなかHurdleの高い講座ではありますが、英語を実践的に活かして活用するという点では大変実用的な講座でもあります。講師の水島先生から「Programmingは、プロのProgrammerであっても一回で全て上手くいくことはない。だから試行錯誤して欲しい。またこちらの指示通り作業が進んだ生徒は、さらに自分で考えて先の課題に取り組んで欲しい。」といったようなProgramming講義ならではの進行で90分の講座もあっと言う間に終わりました。毎年限定10名の希望者で実施している講座ですが、参加希望者がさらに増えるようであれば、来年度は定員を増やして実施する予定です。次回は、第2回講座は、6月16日(火)の放課後です。