静岡学園中学校・高等学校

静岡学園中学校 静岡学園高等学校

静学ブログ

2020年4月21日

【新高1】就学支援金制度(4~6月分)書式について

注意)このお知らせは新高1の保護者の皆さまを対象としています。新高2、新高3については、6月に当該制度の申請について別途ご案内させていただきます。

事務局より、新高1保護者の皆さまにお知らせします。
内部進学者オリエンテーション(3/23)および外部入学者オリエンテーション(4/1)において、「令和2年度授業料等納付金の軽減制度」と題した全7枚ホッチキス止めの資料を配布いたしました。
配布資料にある就学支援金制度の書式について、記入間違いや書き損じにより再度書式を入手したい場合、下記PDFをダウンロードのうえ出力してください。書式ごとの記入例も掲載いたしますので参考にしてください。
書類は本校事務局学務課宛(郵送先住所:〒420-0833 静岡市葵区東鷹匠町25 静岡学園中学校・高等学校 事務局学務課)に郵送してください。封筒の宛名左下に「就学支援金等関係書類在中」と朱書きしてください。提出期間は4月8日~27日となりますのでご協力よろしくお願い申し上げます。

4月21日更新:書類未提出者の方へ

4月21日(火)現在、就学支援金および静岡県の授業料減免制度に係る書類の未提出者の方へお知らせします。
書類提出期限の4月27日(月)が迫ってまいりましたが、3割以上の方が未提出のままです。
期限を過ぎると申請を受けられなくなります。
記入方法等がわからない方は当ページやオリエンテーションで配布した資料をご参照ください。
世帯の所得割額507,000円以上の方は「就学支援金制度」「静岡県の授業料減免制度」の対象外となります。
就学支援金支給対象外の方も「意向確認書」の提出をお願いいたします。
「意向確認書」提出者の場合、静岡県の授業料減免制度に係る「課税証明書」の提出も不用です。

4月9日更新:よくある記入不備について

※全体に関すること※
・提出時に封筒を用意し、封筒表面に学年・クラス・出席番号を記入してください。
・記入ミスには二重線と訂正印をうってください(修正液の使用はしない)。
・記入不備や提出漏れがある場合は、事務局から訂正箇所を指示した用紙等をご自宅(県外生はご実家)に郵送します。ご確認のうえ、期日内(4/27まで)に再提出をしてください。
・就学支援金制度の申請者は世帯年収に係わらず、「静岡県の授業料減免制度」に係る課税確認書類の提出をしてください。

①受給資格認定申請書
・表面:生徒の住所記入欄
生徒の現住所を記入してください。生徒の現住所は必ず静岡県となります。県外生は下宿先住所を記入してください。
・裏面:保護者の市区町村までの住所記入欄
この項目では保護者の課税地を確認します。令和2年4月の新入生ですので、保護者の平成31(2019)年1月1日現在の住所を記入してください。課税地の記入を誤ると後々に静岡県庁関係者がご家庭の課税情報を確認する際に情報を得られないためご注意ください。

②個人番号カード(写)等貼付台紙
・学年、クラス、出席番号
記入漏れのないようお願いいたします。
・保護者の市区町村までの住所記入欄
上記①同項目と同じ注意点となります。
・マイナンバーカードまたは通知カードの写し
のり付けが甘いと剥がれてしまうためカードの写し全面をのり付けしてください。
住民票によりマイナンバーを提出する場合は貼付台紙に予めホッチキス止めをお願いします。
郵送により書式を事務局に提出する場合は本人確認書類(免許証コピー等)同封もお願いします。
なお、一旦生徒を通じて事務局窓口に提出する場合は、本人確認書類の同封は不要です。

③寡婦または寡夫であることを確認できる書類 
・該当者は必ず以下の書類いずれか1点をご提出ください。
「児童扶養手当受給者証の写し」
「母子医療受給者証の写し」
「戸籍謄本の原本」
※提出漏れが多くみられます。なお、上記以外の書類で、例えば配偶者なしという表記のある書類や住民票(世帯欄1名記載)では、寡婦・寡夫であることの証明にはなりません。

④意向確認書
・生徒の住所記入欄
上記①同項目と同じ注意点となります。
※就学支援金制度を申請しない方のみ提出です。申請者は提出不要です。

4月8日更新:静岡県の授業料減免制度に係る「課税証明書」の提出について

この件についてお問い合わせが複数あったため、下記のように回答いたします。
Q. 世帯年収(目安)910万円以上(=世帯の所得割額507,000円以上)でも、「課税確認書類」を出す必要がありますか?
A. 世帯の所得割額507,000円以上の方は「就学支援金制度」「静岡県の授業料減免制度」の対象外となります。従って課税確認書類の提出は必要ありません。

※世帯年収ではなく税情報に基づき支給がなされるため、支給漏れのないよう全ご家庭から課税確認書類を預かり処理を進める予定でおりましたが、複数のお問い合わせを受け、課税確認書類の取得等に際してお手数とご迷惑をおかけすることを鑑み、上記の通り提出不要に変更させていただきます。引き続きよろしくお願い申し上げます。

①受給資格認定申請書  ※申請する方が提出

②個人番号カード(写)等貼付台紙  ※申請する方が提出

③意向確認書  ※申請しない方のみ提出

①受給資格認定申請書の記入例

②個人番号カード(写)等貼付台紙の記入例

③意向確認書の記入例