静岡学園中学校・高等学校

静岡学園中学校 静岡学園高等学校

静学ブログ

2021年7月19日

SGT教養講座中高生のための数楽教室

 7月17日(土) 13:30~15:00 、講師に静岡県立大学の小林みどり名誉教授を迎え、高1生7名・高2生2名の参加者で実施されました。今回のタイトルは「クリティカル・シンキング」。どんな話が聴けるのか興味深い講演がスタートした。最初にクリティカル・シンキングとは「批判的思考」の意であるが、むしろ「つっこみ力」に近いらしい。まずは不思議現象を紹介。UFO・ネッシー・ミステリーサークル等も今の高校生には聞き慣れない様子。しかし、『3た論法』になると少しずつ話に引き込まれていく。講師が具体例から「2✕2分類で考える必要がある」、「相関があっても因果関係があるとは言えない」、「生存者のみが幸運を語る(生存者バイアス)」、「都合のよいものしか発表されない(発表バイアス)」について矢継ぎ早に話を進めていく。
 話は次第に数学の話に『逆は必ずしも真にあらず』、「起こりそうもないことはよく起こる(ポアソン現象)」。有名な「誕生日問題」では「40名の中に同じ誕生日の人がいる確率は約90%」であることを計算で確認。さらに錯覚・錯視ではシミュラクラ現象やパレイドリア現象についても…。最後は問題を解くことで講演内容を復習。少しは「つっこみ力」がアップしたかな?