静岡学園中学校・高等学校

静岡学園中学校 静岡学園高等学校

静学ブログ

2021年5月28日

SGT Global Communication 第2回 後藤理恵先生との対話

 5月25日(火)の放課後、「SGT Global Communication 第2回 後藤理恵先生との対話 君たち世代の重要なパートナー・インド」と題して、旅行代理店MASALARIE、孤児院VISHWALYA代表補佐の後藤理恵先生をお招きして御講演いただきました。後藤先生は、18年間南インドで暮らし、旅行代理店、レストラン、孤児院を経営されるほか、NHKの海外取材番組や教科書会社で南インドの地理についてアドバイザーとして助言をしておられる女性です。中・高併せて11名の生徒と教員2名が参加しました。

 私たちは、一般的にインドに対して発展途上国、貧しい国、ヒンドゥー教徒が多い国、ヨガが発達した国、また最近ではCoCo一番が出店したカレー好きの国といったイメージを持っていますが、それは半分正しくて半分正しくありません。

 今回は、インド理解のための基礎知識、旅行代理店、レストラン、孤児院運営の体験談以外に、30年ぐらい前コルカタのマザーテレサの施設でボランティアをされた体験、アフリカのルワンダで看護師をされたときのこと、また今インドの村の女性の自立を目指すNGO設立準備中であることなど話は多岐にわたり、生徒たちの視野が大きく広がったことと思います。生徒たちからは「インドはなぜ高度成長しているのですか」「核保有国であるインドで核兵器のことを学校でどう教えられているのですか」「マザーテレサはどんな方でしたか」「もし18歳のインドの女の子と話すならどんな話題がいいですか」など活発な質問がありました。

 私たちが持つインドに対するイメージが少し変わったのではないでしょうか。次回は、第3回Global Communicationは、7月3日(土)を予定しています。お楽しみに。