教育理念・教育目標・静岡学園宣言

時代が求め、世界が期待する 人材を育むために

真のエリートリーダーの育成

静岡学園が考える「真のリーダー」とは、自分の力で深く考え決定できる人であり、まわりの人と意見を交換しながら責任を持って行動し、他者のために努力を惜しまない人です。知性と豊かな人間性を備え、何事にも責任をもって取り組む〈自立の精神〉を有し、他者と〈共生〉し、社会に〈貢献〉できる「真のエリート」の育成を目指しています。

孝友三心

本校の創立者、牧野賢一先生は「親が子を思い、子が親を思う」この親子の間に通う情愛こそ人間教育の基本と考え、「孝友三心」にその精神が込められています。

服する心

親の気持ちに応える。先生の指導に従う。先輩の言葉に耳を傾ける。真理に服する。

感謝する心

親の恩、師の恩、友のありがたさをしみじみと感じる。生命を支える一粒の米一杯の水にも感謝の念を持つ。

全うする心

どんな小さなこともなげやりにせずどんな困難にあっても屈せず責任感をもって最後まで頑張る。信頼のできる人。

教育理念・教育目標

教育理念

1. 自主、自律の精神
自分で考え、判断・決断し、混とんとした社会で自律して生きぬくための「自主、自律の精神」の尊重。

2. 共生の精神
地球上の全人類が地球規模の課題を協力して解決し、すべての生命がともに生きていくことを願う「共生の精神」の尊重。

3. 真理と生命を尊ぶ精神
生命の尊厳に対する畏敬の心と人間としての誇りを持ち、私利私欲なく真理を追究し、真摯に社会に貢献しようとする「真理と生命を尊ぶ精神」の尊重。

4. 進取の精神
新しい時代を見据え、どんな課題が起きても果敢に解決し、進歩させようとする「進取の精神」の尊重。

教育目標

1. 真のエリートの育成
知性・品性・高い倫理観、崇高な使命感を持った真のエリートを育成する。

2. 地域社会に貢献できる人材の育成
郷土愛と地域愛を育て、様々な形で地域社会に貢献できる人材を育成する。

3. 国際社会に貢献できる真のリーダーの育成
多様な価値観、幅広い教養とコミュニケーション能力を身につけ、日本文化を理解し、国際社会に貢献できる真のリーダーを育成する。

静岡学園宣言(啐啄(そったく)宣言)

教育とは、生徒の奥深く隠された可能性と自ら伸びようとする向上心を信じて指導する教師と、真摯な態度で真剣に取り組む生徒との信頼関係の上に成り立っています。それを互いに責任を持って宣言し、実践していこうとするのが、この「静岡学園宣言」です。

啐啄(そったく)とは

ひな鳥が卵の内側からつつく音を「啐(そつ)」、その音を聞いた親鳥が外側から同じ場所をつつく音を「啄(たく)」といいます。親子のタイミングがぴったり合えば、ひな鳥は楽にふ化することができます。これは「啐啄同時」として理想の教育の機会にも喩えられます。生徒が向上したいと思ったその時を逃さずサポートすることが、スムーズに力を伸ばす第一歩。静岡学園では、ひとりひとり違うタイミングを見極めた、啐啄同時の教育を大切にしています。

PAGE TOP
このページのトップへ
お問い合わせ・資料請求このページのトップへ