校長からのメッセージ

可能性の開花と
一人ひとりの夢と希望の
実現のために


真のエリートの育成」を目指して

 学校教育の目的は何?と問われれば・・「社会で輝き溌剌と生きていくための人間としての土台を育てること」と「自分では気付かず奥深く隠れている素晴らしい可能性を引き出し、伸ばすこと」と答えます。”What is your genius?”とは「あなたはどんな可能性を持っていますか」という意味ですが、私はすべての人間が宝石の原石であり、秘めた可能性を持っていると考えます。本校の「啐啄宣言」の中で、生徒は「常に現状に満足することなく、また諦めることなく、自分の可能性を追求します」と宣言し、教師は「生徒の可能性を信じ、生徒の隠された力を引き出し、一人ひとりの夢と希望の実現のために全力で支援します」と答えています。正に『その伸び方が、静学』の言葉通りの学校を理念としています。

 静岡学園は、地域と国際社会に貢献し、他者の役に立てたことを自分の喜び・幸せと感じられる『真のエリートの育成』を教育目標に掲げ、そのために必要な三つの土台「人間性の土台」、「知性の土台」そして「志の土台」を全ての教育活動を通して育てていく学校と云えます。本校の中庭にはこの三つの土台を象徴する「ニュートンの林檎」、「メンデルの蒲萄」、「平瀬博士精子発見の公孫樹(こうそんじゅ:いちょうの別名)」の三本の智恵の木があります。在校生のそして卒業生の成長と活躍をこの木々がずっと見守っています。20年後、30年後の生徒諸君が様々な分野で宝石として輝いていることが本学園の願いでもあります。

 新しい自分に出会いたい君、成長に向け頑張る決意を有する諸君に期待をしています。



PAGE TOP
このページのトップへ
お問い合わせ・資料請求このページのトップへ