静岡学園図書100選

静岡学園図書100選 page 75/124

電子ブックを開く

このページは 静岡学園図書100選 の電子ブックに掲載されている75ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
楽園のカンヴァス著者・編集者原田マハ著叢書又は出版社新潮社発行年2012年1月NDC913.6構想から25年、作者渾身の美術鑑定ミステリー。大原美術館の監視員早川織絵とMoMA....

楽園のカンヴァス著者・編集者原田マハ著叢書又は出版社新潮社発行年2012年1月NDC913.6構想から25年、作者渾身の美術鑑定ミステリー。大原美術館の監視員早川織絵とMoMA(ニューヨーク近代美術館)のキュレーター(学芸員)のティム・ブラウンは、スイスの大邸宅でありえない絵を目にした。MoMAが所蔵する、アンリ・ルソーの大作『夢』とほぼ同じ構図、同じタッチの絵が…。持ち主の大富豪は、真贋を正しく判定した者に作品を譲ると宣言し、ヒントとして謎の古書を手渡した。リミットは七日間。ピカソとルソー、二人の天才画家が生涯抱えた秘密が、いま、明かされる。作者自身が、実際にMoMAに勤務した経験もあり、キュレーターでもある。美術界の裏側まで知り尽くした知識が相当のものであることは、ストーリーから察することができ、ますます引き込まれていく。真贋の目利きはともかく、まず一人の観客として名作鑑賞に美術館を訪れたくなるだろう。73