ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

静岡学園図書100選

パルモア病院日記三宅廉と二万人の赤ん坊たち著者・編集者中平邦彦著叢書又は出版社新潮社発行年1990年4月NDC493.98医師・三宅廉が、京都府立医大教授という地位を投げうって、神戸の原っぱに診療所を開いたのは昭和二十六年、三宅が四十六歳の時でした。日本初の周産期医療病院となる「パルモア診療所」、そして「パルモア病院」の始まりです。現在の日本では当たり前となっている周産期医療ですが、当時は「新生児」という言葉すらなく、産まれてくる赤ちゃんは産婦人科と小児科の谷間で命を落とすことも多かったのです。三宅は、産科と小児科の壁をなくすために奔走し、同時に、出産を迎える母親や家族の教育にも力を入れ、産まれてきた新生児に深い愛情を注ぎ続けました。赤ちゃんと母親を繋ぐ愛情に感動し、また「真の医療とは何か」を考えさせてくれる一冊です。65