ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

静岡学園図書100選

図書100選L ibrary 2.0「図書館ガイド」「図書100選」というと、静かに文学書を手に取って…というイメージが湧いてくるのではないでしょうか?確かに、未だに紙の本を手で繰って読むという楽しみ、インクの香り、紙の手触りも大切です。そうして身に付ける知識の重要性や、娯楽としての読書の価値も何ら変わることはありません。ただ、今日、図書館というところは大きく進化しつつあります。特に、学校図書館には、「情報リテラシー」を身に付ける場、情報センターとしての役割が求められつつあります。例えば、古めかしい百科事典に収められた知識や情報の多くは、時を超えて普遍的なものです。しかし、その何パーセントかは、スピードを早める時代の変化の中で、古い知識や情報となってしまい、陳腐化していっています。どんな情報にも歴史的な価値は残りますが、これからを生きるためには、より正しい情報、より新しい知見に触れていく必要があるでしょう。本校図書館でも、そういったニーズに応えるために、毎日の新聞購読はもちろん、様々な分野の雑誌を定期購読し、さらには新聞記事オンラインデータベースやオンライン百科事典といったサービスまで用意しています。いわゆる「本」ばかりでなく、そういった「情報」に触れて知識を豊かにし、また活用していくことが、これから皆さんには求められるのです。スマートフォンを使ってGoogle検索で調べただけ…という情報には、エビデンス(証拠や根拠)を求めなければなりません。Web 2.0という概念…インターネット上(WebやSNS)に個人が勝手に情報発信できる時代です。情報の信憑性や信頼性を評価し、活用する「情報リテラシー」が必要とされるのです。学校図書館では、ぜひ、この「情報リテラシー」を身に付けていってください。とはいうものの、最初にお話したように読書の価値は昔と変わりません。そこで、ここに99冊の本を紹介しました。これが皆さんにとっての新しい出会いとなることを期待しています。また、図書館では毎月のように100冊を超える新着本も用意して待っています。多くの本との出会いの中で、皆さんにとっての「100冊め」が見つかることを期待しています。ぜひ、素敵な「100冊め」の紹介文を書き込んでみてください。図書課長相馬直人02