静岡学園図書100選

静岡学園図書100選 page 3/124

電子ブックを開く

このページは 静岡学園図書100選 の電子ブックに掲載されている3ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
?????????本と言っても様々な分野の本があります。小説があり、ノンフィクションがあり、各分野の専門書があり、絵本や図鑑・辞典類さらにアニメ、雑誌とキリがありません。読書の目的とは何でしょう。本の描く世界....

?????????本と言っても様々な分野の本があります。小説があり、ノンフィクションがあり、各分野の専門書があり、絵本や図鑑・辞典類さらにアニメ、雑誌とキリがありません。読書の目的とは何でしょう。本の描く世界に入り込み想像力を豊かに働かせ、読むこと自身を楽しむ。小説は様々な人間の存在を語り、複雑な人間関係を表現しながら人間の生き方を考えさせてくれるでしょう。専門書は当然、その分野の専門的知識を得るためにあります。ノンフィクションは様々な社会問題を提供してくれるでしょう。そして豊かな教養と幅広い視野を養ってくれます。本を読むもう一つの大切な目的は、読解力を養うためです。読解力の有るなしは、これから先の専門的学びに大きな影響を与えます。私の父は勉強するのは好きで、働きながら夜間中学・高校と通いました。しかし、戦前、戦中、戦後と本どころではなくさらに復員してからは仕事が忙しく定年退職の時まではあまり本を読めなかったようでした。びっくりしたのは、退職後ドストエフスキーの「罪と罰」や「カラマーゾフの兄弟」など読んでいるのを見た時です。今の私と同じ年齢です。もちろん本に「この本は何歳の時に読む」などという決まりはありません。しかし、私は正義感が強く、感性豊かで、でもまだ自己確立されていない、だからこそ吸収力が最も豊かで、本が自己形成に最も強い影響を与える若い時期、中学生、高校生の時期にこそ読んでほしい本があると思うのです。そんな君たちに読んでほしい本を先生方に厳選していただき、この「図書100選」を刊行することにしました。是非、上手に活用して下さい。校長石田邦明01