静学ブログ

2017年8月22日

法教育教室Part 1

 8月22日(水)、SGT教養講座 法教育教室Part 1が行われました。この講座は、検察庁の移動教室Programを利用した講座です。法曹界に興味がある中学1年生3名、高校1年生6名、2年生7名が参加しました。静岡地方検察庁で検察事務官から検察官による捜査処理や公判遂行活動についてのお話を聞いたあと、取調室や記録庫、証拠品保管室を見学し、静岡地方裁判所へ向かいました。法廷では、生徒が裁判官席、検察官席、弁護士席にそれぞれ分かれて座わり、裁判所事務官から裁判官や書記官の役割や法廷の仕組みについてお話をうかがいました。また裁判官が公判の際、着用する法服を着る機会にも恵まれました。法廷見学ののち、再び検察庁へ戻り少年鑑別所職員から入所者についてのお話をうかがいました。犯罪の低年齢化が進み、少年法が改正され12歳から入所してくる子どもがいるとのお話が印象的でした。最後に副検察官から実際の業務についてのお話と質疑応答のお時間をいただきました。今回、いずれの参加者も各担当者の説明について分からないことは、理解出来るまで質問をするなど学ぶ時に学ぼうとする意識の高さがうかがえました。本校の卒業生でお勤めになられている方からもお話を聞く機会もあり、将来は、検察官になりたいと思った生徒もいたのではないでしょうか。次回、Part 2は裁判の傍聴を予定しています。再び多くの生徒が参加してくれることでしょう。

2017年8月22日

Mac Book Airで学ぶ中学生のためのProgramming講座

 8月22日(火)、第6回Mac Book Airで学ぶ中学生のためのProgramming講座が行われました。
 全6回の講座でD-schoolの講師のご指導のもと、初級者はRobot car のProgrammingを学びました。第1回は、基盤やSensor code、Programming softの使い方といったStart up講座を行い、信号機のProgrammingを行いました。第2回は、Sensor light、第3回は、Robot carの制御、第4回は衝突回避自動車、第5回は、Line trace carのProgrammingを学び、第6回は、前半でLine trace carのCustomizeといったProgrammingに挑戦し、後半はCustomizeしたLine trace carの発表を行いました。

 上級者は、Role-Playing-GameのProgrammingに挑戦しました。Gameに登場する戦闘SceneやMini game、Fieldの移動やMapの作り方を試行錯誤しながら学びました。初級者・上級者ともにProgramming soft、Scratchを使い、講師の先生からHintをいただきながらProgrammingの楽しさを学んだようです。最近よく言われる「21世紀型スキル」を養うためには「情報機器を活用しつつ、自ら考え、解決する能力」が求められるとともに母国語・外国語を使った「コミュニケーション能力」や「コラボレーション能力」が必要であると言われるようになりましたが、英語を使ったProgrammingとProgramming知識の共有、協働など今回の授業を通じて多くのことを学んだことと思います。世界中で大ヒットするようなGameを生み出すCreatorが本校から登場するのも時間の問題かもしれません。

2017年7月30日

【静学からの挑戦状Vol.2】問題

【静学からの挑戦状Vol.2】

 もう夏休みに入ったと思いますが、毎日どの様に過ごしていますか。楽しい夏休みであって欲しいと願っていますが、新学期に入るとき、なまけぐせがついて「こんなに贅肉がついちゃった」と後悔しないように、頭も体も心も適度に鍛えて下さいね。

 さて、この「表現」の問題では皆さんがいつも身近な事柄や社会の出来事に関心を持ち、仲間や家族と話し合い、その中で自分で考え、自分の考えをまとめ、他の人にその考えを上手に伝えられる力をつけてほしいと思っています。

【問題】
 皆さんは「自由意志」という言葉を知っていますね。代表的な文例を一つ挙げてみます。

(文例)人間は、他の動物と異なり、自由意志を持っていて自分の判断で行動できる。
 さて、皆さんはこの文章を読んで人間誰もが持っている「自由意志」についてどの様なことを考えますか。あなたが思うことを600字以内にまとめて記述しなさい。

PAGE TOP
このページのトップへ
お問い合わせ・資料請求このページのトップへ