静学ブログ

2017年7月30日

【静学からの挑戦状Vol.1】解答例

静学からの挑戦状Vol.1|解答例
2017年7月15日

【静学からの挑戦状Vol.1】問題

【静学からの挑戦状Vol.1】問題

A君とB君は碁石を使ったゲームを考えました。
 A君は黒石だけを、B君は白石だけをたくさん持っています。
 ゲームのルールは次のとおりです。

(1) じゃんけんをして勝った方が持っている色の石を1個置くことができます。
(2) 碁石は順番に横に並べていきます。先に3個自分の色の石を置いた方がその試合は勝ちになります。
(3) 2試合目も同じように行いますが、碁石は、1試合目の碁石に続けて並べていきます。

【問題1】
 1試合の勝敗がつくのに、碁石は最少で何個、最多で何個並びますか。最少の場合と最多の場合の碁石の並び方を一例ずつ ●○・・・のように示しなさい。

【問題2】
 何試合か終わったところで並べられた碁石の数を数えたら、黒石が8個、白石が4個、合わせて12個の碁石が並んでいました。さて、A君は何勝何敗だったのでしょうか。結果だけではなく、あなたがその答えをどのように考えて見つけたのか、説明を書いて下さい。また、最後に黒石、白石がどのように並んだのか、例を一つでよいので書いてみてください。

2017年6月22日

【静学からの挑戦状】いよいよ7月15日(土)から開始

 これからの「時代と社会」を生きる君たちには、「覚える君」から「覚える君+考える君」になってほしいと思います。でもギリシャの時代から、いやもっと昔から、人間は「覚える君」だけでなく「覚える君+考える君」だった訳で、もう一度「自分で考える」「皆といっしょに考える」ことによって、問題を解決することの大切さと楽しさを確認してほしいと願っています。
 さあ、今年度の「静学からの挑戦状」をいよいよ7月15日(第1回)から始めることにします。毎月15日が「算数」、30日が「表現」の問題です。
 本校中学校受験を目指している人もそうでない人も、楽しみながら最後まで続けてくれると僕もうれしいです。

静岡学園中学校・高等学校
校 長  石田 邦明

2017年3月以前のブログはこちらへ

2016年11月15日

【静学からの挑戦状 Vol.8】解答例

 私達人間は一人では生きることができません。ちょっと難しい言葉ですが「人間は社会的な動物である」と言った人がいます。社会の一番小さな単位が「家族」でしょう。そして、学校の「クラス」は、君たちが「社会を築いていくうえで何をすべきか、どのように良い社会にしていくべきか」を学ぶとても意義のある「良い社会を築く実践の場」です。

さあ、クラス作りについて考えましょう。あなたは先生です。いろいろな家庭の子供たちがいます。いろいろな個性を持った子供たちがいます。好き嫌いも得手不得手もそれぞれ異なります。家庭環境ももちろん違います。さあ、どんなクラスを作りたいのか。第一に私は、みんながお互いのことを知ってほしいと思います。

 互いのことを良く知り合うために一番良いことは、例えば「合宿、キャンプ、文化祭、体育祭、合唱コンクールなど」得意な人も不得意な人も共に協力して何か一つの物を作り上げる経験こそ重要です。互いのことを良く知っていれば、誰かのいやがることも言わないし、得意なことを活かして協力し合うこともできます。互いに「気づきと配慮」ができるクラスにしたいと思います。

 悲しそうな顔をしている子はいないかな、苦しみ悩んでいる様子の子はいないかな。気付けばそっと声を掛けることも、いやそばに居てあげるだけでもいい。力づけることができる。楽しそうに話している子がいる。何か良いことあったのかな。一緒に喜んであげることができます。すごく何かに頑張っている子がいる。「すごいね!」といってほめてあげることができる。

 互いの違いを認めつつ、お互いを尊重し苦しみや悲しみそして喜びを共有できるクラスが良い。私はそんなクラスを作りたい。

3 / 41234
PAGE TOP
このページのトップへ
お問い合わせ・資料請求このページのトップへ