静学ブログ

2017年8月22日

Mac Book Airで学ぶ中学生のためのProgramming講座

 8月22日(火)、第6回Mac Book Airで学ぶ中学生のためのProgramming講座が行われました。
 全6回の講座でD-schoolの講師のご指導のもと、初級者はRobot car のProgrammingを学びました。第1回は、基盤やSensor code、Programming softの使い方といったStart up講座を行い、信号機のProgrammingを行いました。第2回は、Sensor light、第3回は、Robot carの制御、第4回は衝突回避自動車、第5回は、Line trace carのProgrammingを学び、第6回は、前半でLine trace carのCustomizeといったProgrammingに挑戦し、後半はCustomizeしたLine trace carの発表を行いました。

 上級者は、Role-Playing-GameのProgrammingに挑戦しました。Gameに登場する戦闘SceneやMini game、Fieldの移動やMapの作り方を試行錯誤しながら学びました。初級者・上級者ともにProgramming soft、Scratchを使い、講師の先生からHintをいただきながらProgrammingの楽しさを学んだようです。最近よく言われる「21世紀型スキル」を養うためには「情報機器を活用しつつ、自ら考え、解決する能力」が求められるとともに母国語・外国語を使った「コミュニケーション能力」や「コラボレーション能力」が必要であると言われるようになりましたが、英語を使ったProgrammingとProgramming知識の共有、協働など今回の授業を通じて多くのことを学んだことと思います。世界中で大ヒットするようなGameを生み出すCreatorが本校から登場するのも時間の問題かもしれません。

2017年7月25日

SGT 農業体験講座〜棚田で遊ぼう〜第4回棚田体験

 7月15日(土)、SGT農業体験講座〜棚田で遊ぼう 第4回棚田体験が行われました。今回は、午前中の授業終了後、着替えを済ませ学校バスで清沢の棚田で向かいました。
 当日は天候もよく、棚田に向かう1.5kmの山道で体調を崩した生徒もいましたが、参加者全員、無事到着することが出来ました。
 今回はさらに山の手の棚田の田植えをしました。予め塾生の方々が午前中に整地をし、代掻きをしていただいた場所での田植えだったこともあり、生徒は苗床の箱を田まで運び、清沢塾の塾生の方々の号令で1時間かけて今年最後の田植えを終えました。
 塾生の方からは、「よく喋るが、よく動き、苗も真っ直ぐ植えられていて静岡学園の生徒は素晴らしい」とのお言葉をいただきました。その後、清沢塾主宰の中井先生や塾生の方々からの今後の手入れと次回の作業についてのお話をいただきました。
 棚田の周辺には、茶畑も広がっていますが、ここの茶場は紅茶として加工されるそうです。
 次回は、田の草取りとこの茶畑の手入れをします。地元の農家の方が作った清沢の紅茶をご馳走していただけるとの約束をいただきました。
 次回は8月26日(土)、授業のない土曜日です。8時20分に学校からバスを出します。弁当持参での一日作業となります。多くの生徒が参加してくれることを期待しています。

 
 
 
 
2017年7月25日

SGT 中学生のための陶芸教室

 7月20日(木)、中学1年生の陶芸教室が行われました。当日は、高台削りでした。器の底の部分を削りとり、底の高台部分を成形していく作業です。
 出来上がりの写真を見てみると、個性的な作品がずらり。これから約1ヶ月間乾かしてから釉薬をかけ、本校の窯に入れます。
 さて、最終的にどのような作品が出来上がるのでしようか。仕上がりが楽しみです。

2017年7月18日

SGT農業体験特別企画 学校で田植えをしよう!

7月3日(月)、清沢の棚田からお譲りいただいた稲の苗を学校で育ててみたいとの生徒からの提案があり、SGT特別企画としてプランターと有機培養土を購入し、苗を育てる実験が始まりました。「ひとめぼれ」と「朝日」という2つの品種ですが、「朝日」は、明治時代に改良され西日本に広まった米で現在では主に岡山県で栽培されています。当日は、棚田体験ツアーの常連となっている生徒2名が中心となり、6つのプランターに丁寧に植えていきました。だいぶ大きく苗が成長していることから、植え替えてから根付いて十分育つのかどうか、不安もありますが、身近な場所で自然を観察するためのよい標本となります。秋には簡単な収穫祭もできればと思います。生徒もこの苗と一緒に本校で成長していくことを期待しています。

 
 
 
 
 
 
 
2017年7月18日

SGT教養講座 Mac Book Airを使った中学生のためのProgramming講座

7月11日(火)、本校3階物理実験室を使用し、希望者を対象とした中学生のためのProgramming講座が行われました。校外からの先生をお招きして行う本講座は、昨年度から始まったものですが、今年は初心者編と上級者編に分かれての実施となりました。初級者は、Programming application software、Scratchを使い、ロボットの動きをComputerでProgramをすることを学びました。上級者は、Scratchを使ってのRPG(Role-Playing-Game)の作成です。しかもApple社のMac Book Airを使ってProgramが出来ることは、生徒にとって大変ワクワクする体験だったようです。始まって1時間もすると、誰もが立派なSystem Engineerのように見えました。参加生徒の興味・関心の高さが伺えます。2020年から小学校ではProgrammingが必修となりますが、本校はこれをさらに先取りしProgrammingを通して世界とつながる取り組みを計画しています。今回を含め、全6回の講座ですが、最後に作品のプレゼンをします。さて、どんな作品を創り上げてくれるのでしょうか。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3 / 41234
PAGE TOP
このページのトップへ
お問い合わせ・資料請求このページのトップへ