静学ブログ

2018年2月26日

SGT教養講座 いつまでも健康な肌を保つために

 2月17日(土)、午後1時から3階物理実験室を会場にSGT教養講座『いつまでも健康な肌を保つために』が開講されました。講師は、千葉科学大学薬学部生命薬科学科の教授で医学博士の平尾哲二先生です。先生は、本校がまだ理数科・普通科に分かれていた時代の理数科の卒業生で最初の東京大学合格者でもあります。京都大学大学院修了後、長く資生堂に勤務され、スキンケアについて学んでこられました。資生堂を退職後、千葉科学大学の化粧品科学研究室にご勤務されており、日々お肌の角質の持つバリア機能について研究すると同時に学生の教育に取り組まれています。
 今回は、化粧品と医薬品の違い、化粧品の製法、角質のもつバリア機能、そして紫外線の及ぼす肌への影響について主にご講義いただきました。○×形式先生から出される質問について生徒たちはよく考えて答えていました。女子生徒の参加者が多いことを予測してか保湿用乳液をご持参され生徒が実際手にとって確かめることが出来たのも大きな魅力でした。今回は、紫外線が肌にもたらす影響についてのお話が中心で、UV Cut CreamやSun Screenの数字による表示についてや日焼けのメカニズムとメラニン色素の働き、『光老化』についてお話いただきました。昔と比べ子どもであっても紫外線は、「百害あって一利なし」とのお考えで外での活動が多い運動部の生徒は特に気をつける必要があることを強調されていました。特に日焼け止めについては汗で落ちてしまったらもう一度塗る必要があること、塗る時は2度塗りが大切なことなど実生活で役立つお話も多く、生徒は興味深く聞き入っていました。また講義の終了後、多くの質問が出ました。将来、化粧品の研究・開発に携わってみたいがどのような学部に進めばよいのかといった質問や高い乳液と安い乳液では何か違うのかと言った質問に丁寧にお答え下さいました。最後に希望者は肌をデジタル顕微鏡で確認してお肌の状態を観察することも出来ました。参加者ひとりひとりががお肌とスキンケアの大事な関係についてよく理解出来た大変満足度の高い講座となりました。

2018年1月22日

SGT English camp teaching assistant

 12月26日(火)から28日(木)の3日間、特別授業の午後を利用し中学部のEnglish Winter Campと平行してSGT English camp teaching assistantが行われました。英検2級以上を取得した高校生の参加を原則とした企画でALTの助手をしながらEnglish campに参加する講座です。1日のみの参加者を含め、8名の生徒が参加しました。参加者の多くが探究系の生徒でしたが、その他の系からの参加者もありました。またFinlandからの留学生のイェミナさんも夏に引き続き参加しました。本校の2名のALTを中心にCanada、Australia、New Zealandの出身の先生方と一緒に1チーム6名の編成で自己紹介から始まり、英語で考え、意見を出し合い、まとめ、発表するといった連想Game形式のActivityや英語の歌を覚えて歌うなど高校生にとっては普段の授業であまり体験出来ない会話中心の活動が中心となりました。またAustraliaやNew Zealandへの語学留学を経験した生徒にとってはHearingやSpeakingの能力を試すのにちょうどよい機会となりました。次回は8月の特別授業の午後に予定しています。


2018年1月7日

Shizugaku Folk Jamboree 2017・冬

12月27日(水)、静学ホールを会場に17時30分からSGT Shizugaku Folk Jamboreeが開かれました。
今年度、8月に実施したこの講座も12月で2回目を迎えました。
8月に引き続き1960年代から1970年代の日本を代表するFolk Songについて、その歌が歌われた時代背景や当時の若者たちが歌に込めた思い、詩の情感や響きについて学び支援課の山本先生が語るとともに集まった生徒や教員の方々と最後に『翼を下さい』を一緒に歌いました。
1960年代から1970年代の日本のFolk Songには「日本語で紡ぐ言葉の美しさがある」という山本先生の言葉が印象的でした。
今回の活動については、平成29年12月30日(土)の静岡新聞中部版のまちトピの欄に記事が掲載されました。第3回は、2018年8月末に実施します。多くの生徒の参加を期待しています。

2017年11月22日

SGT緊急企画 学校で稲刈りをしよう

 11月17日(金)放課後、本校のプランターに植えられた清沢の棚田の稲を棚田体験に参加している生徒たちと一緒に刈り取りました。今年度は、10月に予定していた棚田体験の日が台風の影響で作業中止となり、刈り取りが出来ませんでした。棚田での収穫体験でそのノウハウを学んだのち、本校のプランターの稲の刈り取りをする予定でしたが、それが出来なくなったため清沢の棚田を管理・運営する清沢塾の主宰で静岡大学名誉教授の中井先生に収穫後の稲の取り扱いまでお聞きし、刈り取り作業を実施しました。天候にもよりますが1週間から10日間干したのち、脱穀をします。1合に満たない米ではありますが、ぜひ炊飯器で炊いて棚田参加者とともに秋の味覚を味わいたいと思います。さてどのような味がするのでしょうか。

2017年11月15日

Mac Book Airで学ぶ高校生のためのProgramming講座

  11月7日(火)、Mac Book Airで学ぶ高校生のためのProgramming講座の第1回講座が開かれました。講師は、中学生のためのProgramming講座と同じく、D-schoolの水島先生と池下先生のお二人です。本講座は池下先生が中心となり、講義します。先生は、『How To Become A Hacker』(Eric Steven Reymond著)から「この世界は、解決を待っている魅力的な問題でいっぱいだ」という言葉に触れ、ご自身が「同じ問題を2度解くような無駄は嫌だ」「退屈や単純作業は悪だ」という著者の言葉に共感し、なぜ御自身がProgrammerを目指すこととなったのかを最初にお話してくれました。今回は、『ProgrammingでWebをHack』をテーマに、Java scriptを使って練習用の仮想HP(マイクラキング)の写真を変更したり、写真を数秒単位で入れ替えたりするProgrammingについて学びました。JavaというComputer言語は、PCだけではなく、車に搭載されている電子パーツの命令機関でも使われているとのお話を聞き、Javaが身近なところで使われていることを学びました。次回11月14日(火)の第2回講座は、さらに複雑な動きをするGameのProgrammingについて学びます。完成が楽しみです。なお今回の講義は、11月8日(水)の静岡新聞朝刊に記事が掲載されました。

PAGE TOP
このページのトップへ
お問い合わせ・資料請求このページのトップへ