静学ブログ

2017年12月12日

SGT教養講座 Flower Arrangement

 SGT教養講座「Flower Arrangement」が12月22日に開催されます。
参加を希望される生徒は、12月15日までに下記申込み用紙をダウンロードしお申し込み下さい。

申込み用紙

2017年11月22日

SGT緊急企画 学校で稲刈りをしよう

 11月17日(金)放課後、本校のプランターに植えられた清沢の棚田の稲を棚田体験に参加している生徒たちと一緒に刈り取りました。今年度は、10月に予定していた棚田体験の日が台風の影響で作業中止となり、刈り取りが出来ませんでした。棚田での収穫体験でそのノウハウを学んだのち、本校のプランターの稲の刈り取りをする予定でしたが、それが出来なくなったため清沢の棚田を管理・運営する清沢塾の主宰で静岡大学名誉教授の中井先生に収穫後の稲の取り扱いまでお聞きし、刈り取り作業を実施しました。天候にもよりますが1週間から10日間干したのち、脱穀をします。1合に満たない米ではありますが、ぜひ炊飯器で炊いて棚田参加者とともに秋の味覚を味わいたいと思います。さてどのような味がするのでしょうか。

2017年11月15日

Mac Book Airで学ぶ高校生のためのProgramming講座

  11月7日(火)、Mac Book Airで学ぶ高校生のためのProgramming講座の第1回講座が開かれました。講師は、中学生のためのProgramming講座と同じく、D-schoolの水島先生と池下先生のお二人です。本講座は池下先生が中心となり、講義します。先生は、『How To Become A Hacker』(Eric Steven Reymond著)から「この世界は、解決を待っている魅力的な問題でいっぱいだ」という言葉に触れ、ご自身が「同じ問題を2度解くような無駄は嫌だ」「退屈や単純作業は悪だ」という著者の言葉に共感し、なぜ御自身がProgrammerを目指すこととなったのかを最初にお話してくれました。今回は、『ProgrammingでWebをHack』をテーマに、Java scriptを使って練習用の仮想HP(マイクラキング)の写真を変更したり、写真を数秒単位で入れ替えたりするProgrammingについて学びました。JavaというComputer言語は、PCだけではなく、車に搭載されている電子パーツの命令機関でも使われているとのお話を聞き、Javaが身近なところで使われていることを学びました。次回11月14日(火)の第2回講座は、さらに複雑な動きをするGameのProgrammingについて学びます。完成が楽しみです。なお今回の講義は、11月8日(水)の静岡新聞朝刊に記事が掲載されました。

2017年10月12日

中学陶芸講座の作品展示

 10月5日(木)〜9日(月)まで丸子泉ヶ谷を会場に開かれた里山芸術祭に本校の中学2年生A班・B班(36名)がSGT陶芸講座で製作した茶碗と皿が展示されました。民家や寺院など7会場で行われた芸術祭でしたが、本校の作品は、第7会場の天柱山歓昌院で展示されました。また期間中、作品の人気投票も行われたようです。本校は敷地内に陶芸用の窯が設置されています。素焼きから色付けまでの全ての工程を陶芸家の講師の先生と一緒に学ぶことが出来ます。若い頃から本物を見る目や技術を養うことは、とても大切なことです。本校では中高生の希望者が陶芸を学ぶことが出来るSGT陶芸講座もあります。将来は陶芸家を志す生徒が出てくることに期待したいものです。

2017年10月3日

本校のSGT活動が静岡県の農業活動記事に掲載されました

 静岡学園のSGT活動「農業体験」が、静岡県農業農村整備ニュースレター「水土里」及び「棚田、里地クラブニュースレター」に掲載されました。

ニュースレター水土里トップページ

しずおか棚田・里地くらぶ ニュースレター

1 / 512345
PAGE TOP
このページのトップへ
お問い合わせ・資料請求このページのトップへ