静学ブログ

2018年11月7日

平成30年度静岡県高等学校総合文化祭書道専門部第64回静岡県高等学校書道展

平成30年度静岡県高等学校総合文化祭書道専門部第64回静岡県高等学校書道展が11月6日(火)から11月11日(日)まで浜松市のクリエート浜松3Fを会場に開催されています。11月5日(月)、本校の書道部の代表生徒4名と顧問が作品の搬入・展示、顧問による審査、生徒実行委員会企画による人気投票、代表生徒による作品解説による観賞会に参加しました。作品は、個人の部、団体の部、地区選抜の部と各部門に分かれており、個人の部の優秀作品は、来年度の高校生総合文化祭に静岡県の代表として出品されます。つまり本大会は運動部でいうところの全国大会へとつながる県大会です。書道室が今までよりも使用出来る面積が狭くなり、大型の作品を制作するには不利な条件が揃う中、本校は個人の部に2点の半切作品、団体の部で1点のパネル作品、地区選抜の部で3点の半切作品を出品・展示しました。脚立を使い、壁にかける高さ・位置を丁寧に調整し生徒自ら設置します。どの作品も腕によりをかけて書かれ丁寧に額装された作品ばかりですから扱いにも大変気を使います。今年度、本校の団体の部のパネル作品は、『にほんのむかしばなし』をテーマに制作されました。テレビCMでも有名な三太郎が登場する物語もちりばめられています。教員による審査結果の発表及び表彰は、11月11日(日)の14時30分から同会場1Fのふれあい広場で行われます。開場時間は、6日(火)から10日(土)までが10:00から17:30、最終日の11日(日)が15:40までとなっています。芸術の秋です。よろしかったらクリエート浜松まで足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP
このページのトップへ
お問い合わせ・資料請求このページのトップへ