静学ブログ

2018年8月24日

SGT教養講座 法教育教室Part 2

8月22日(水)、特別授業日の放課後にSGT教養講座 法教育教室Part 2が行われました。7月31日(火)の特別授業日の放課後に行われたSGT法教育教室Part 1では静岡地方検察庁を会場に主に検察官の仕事について学びましたが、今回は静岡地方裁判所で刑事裁判を傍聴し、裁判官、弁護士、検察官の現場での仕事を見学しました。今回は道路交通法違反過失傷害で在宅起訴された方の裁判でした。注意力散漫による運転により高齢者と接触し怪我を負わせてしまったことにより起訴されたとのことでした。被害者との示談をついているとのことでしたが、検察側からの求刑は禁固1年という大変厳しいものでした。裁判の後、裁判所事務局総務課広報係長から裁判の流れについての説明と法廷見学をさせていただきました。参加した中高生からは、法廷内の設備や裁判について質問が出ました。今回は、大人が起こした自動車事故でしたが、未成年による高齢者に対する自転車との接触事故のNewsが新聞に載ることも増えています。生徒たちも今回の裁判を傍聴し自転車による一時停止無視や自転車に乗りながらスマートフォンを操作することが事故につながることを想像した生徒もいたことでしょう。裁判官、弁護士、検察官が被告に対し裁判ではどのように接するのか、また何気ない不注意が自分の生活を大きく変えてしまうこともあることを学んだではないかと思います。法廷見学の後、中日新聞の取材を受けました。後日新聞に掲載されますのでその時には改めてHP上でお知らせします。

2018年8月21日

東北ボランティア活動

東北ボランティアに参加して、「自分の目で見ないと本当のことは分からない」と痛感しました。
未だ復興半ばにも関わらず、メディアでは聞くことも少なくなっている一方で、東北には答えの出ない問題に苦しんでいる人たちがたくさんいます。
被災地のために私たちができることは、震災の記憶を風化させないことです。
今回の活動を機に、東北の被災地を見続けていこうと思っています。そして、この4日間の経験をたくさんの人に伝えていきたいです。

2018年8月21日

SGT教養講座 劇団四季のMusical『オペラ座の怪人』を観に行こう! 観劇講座

 8月2日(木)・3日(金)、SGT教養講座 劇団四季のMusical『オペラ座の怪人』を観に行こう!の観劇が行われました。当日は、団体での入場ということもあり、7月23日(月)に見どころ講座の講師を担当していただきました劇団四季静岡オフィスの服部夏美さんのご案内で会場に入りました。会場内は、大変大掛かりな舞台演出が施されており、観る者を圧倒する仕掛けがちりばめられていました。特に物語の中で解説される大きなChandelierは圧巻でした。また演技だけでなく、主役を務める男女の俳優の歌声が素晴らしく何度もCurtain callが繰り返されました。観劇された生徒・保護者の方々も日本人が演じる最高のMusicalを観ることが出来たことに大満足の様子でした。

2018年8月21日

SGT教養講座 劇団四季のミュージカル『オペラ座の怪人』を観に行こう!見どころ解説講座

7月23日(月)、特別授業日の放課後を使い3階物理実験室を会場にSGT教養講座 劇団四季のMusical『オペラ座の怪人』を観に行こう! 見どころ解説講座が行われました。講師は、劇団四季静岡オフィスの服部夏美先生です。服部先生は、本校の卒業生でもあります。当日は、観劇をご予定されている生徒・保護者の方々が参加されました。劇団四季とはどのような劇団なのか、劇団成立のお話から始まり、劇団員になるためのオーディションや給料についてDVDを観ながら実際に劇団員がお話している様子を観賞しました。次に『オペラ座の怪人』の物語についてお話下さいました。登場人物の人間関係や壮大な舞台装置と元Opera歌手の俳優の演出によって作曲家であり原作者のAndrew Lloyd Webberの世界が忠実に描かれてていることなどを解説していただきました。8月2日(木)・3日(金)は、いよいよ観劇日です。素晴らしい演技と演出に彩られた劇団四季のMusical『オペラ座の怪人』に期待しましょう。

2018年8月21日

SGT教養講座 法教育教室Part 1

 7月31日(火)、特別授業日の午後を使い、SGT教養講座 法教育教室Part 1が行われました。裁判官、検察官、弁護士など法曹界の職業に興味がある中高生が参加し、静岡地方検察庁を会場に検察事務官から検察と警察の違いや検察官の仕事についてお話いただきました。取調室や証拠保管室、文書記録室を見学もあり仕事の流儀を垣間見ることも出来ました。また少年鑑別所係官からお話を聞ける機会もあり、最近は、SNSを使ったいじめの加害者として入所してくる児童もいるなど生々しい実態を知ることも出来ました。その後、静岡地方裁判所に移動し、法定内を見学するともに裁判所広報官から法廷の説明をお聞ききました。同時に裁判官や書記官席、検察官や弁護士席に実際に座り、裁判の雰囲気を体験しました。特に裁判官や書記官が実際に着用する法服をお借りして着用し裁判官席に座ったりと裁判官の目から観た法廷の感覚を確かめることが出来たことは生徒にとって裁判官という仕事を知る上で大きな収穫になりました。見学の際、裁判官や書記官について参加した生徒から次々に質問が出ました。再び検察庁に戻ったあと現役の検察官からお話をお聞きし質疑応答が出来る時間をいただきました。「検察官の仕事として面白いと思うことは何か」という質問に対し「取り調べが好き」だという答えに生徒も目を丸くしていました。また「一番印象に残っている事件は何か」という質問に対して「被害者から同意を取れず起訴に持ち込めなかった案件があった」とのお話もありました。迫力のある講座でしたが、次回8月22日(水)の特別授業日の午後は、法教育教室Part 2を実施します。今度は、静岡地方裁判所で裁判を傍聴をします。終了後、裁判所広報官からの質疑応答の時間を設けます。裁判官の仕事に興味を持った生徒がたくさん参加してくれることでしょう。

3 / 1312345...10...最後 »
PAGE TOP
このページのトップへ
お問い合わせ・資料請求このページのトップへ