静岡学園中学校・高等学校

静岡学園中学校 静岡学園高等学校

静学ブログ

2018年8月21日

SGT教養講座 法教育教室Part 1

 7月31日(火)、特別授業日の午後を使い、SGT教養講座 法教育教室Part 1が行われました。裁判官、検察官、弁護士など法曹界の職業に興味がある中高生が参加し、静岡地方検察庁を会場に検察事務官から検察と警察の違いや検察官の仕事についてお話いただきました。取調室や証拠保管室、文書記録室を見学もあり仕事の流儀を垣間見ることも出来ました。また少年鑑別所係官からお話を聞ける機会もあり、最近は、SNSを使ったいじめの加害者として入所してくる児童もいるなど生々しい実態を知ることも出来ました。その後、静岡地方裁判所に移動し、法定内を見学するともに裁判所広報官から法廷の説明をお聞ききました。同時に裁判官や書記官席、検察官や弁護士席に実際に座り、裁判の雰囲気を体験しました。特に裁判官や書記官が実際に着用する法服をお借りして着用し裁判官席に座ったりと裁判官の目から観た法廷の感覚を確かめることが出来たことは生徒にとって裁判官という仕事を知る上で大きな収穫になりました。見学の際、裁判官や書記官について参加した生徒から次々に質問が出ました。再び検察庁に戻ったあと現役の検察官からお話をお聞きし質疑応答が出来る時間をいただきました。「検察官の仕事として面白いと思うことは何か」という質問に対し「取り調べが好き」だという答えに生徒も目を丸くしていました。また「一番印象に残っている事件は何か」という質問に対して「被害者から同意を取れず起訴に持ち込めなかった案件があった」とのお話もありました。迫力のある講座でしたが、次回8月22日(水)の特別授業日の午後は、法教育教室Part 2を実施します。今度は、静岡地方裁判所で裁判を傍聴をします。終了後、裁判所広報官からの質疑応答の時間を設けます。裁判官の仕事に興味を持った生徒がたくさん参加してくれることでしょう。