静岡学園中学校・高等学校

静岡学園中学校 静岡学園高等学校

静学ブログ

2019年11月5日

SGT 第4回 中1陶芸教室

 10月24日(木)、中学1年生C班(25名)の第4回陶芸教室が行われました。今回は、作品を窯から出した後、茶碗に銘を付けます。陶芸しみず春日工房の陶芸家山本敬之先生のご指導のもと銘の付け方について説明を聞いた後、和室に移動し裏千家師範の望月静夫先生のご指導のもとお茶会を行いました。茶会に先立ち先生はお茶の伝来や饅頭、羊羹の作り方を伝えた静岡市出身の聖一国師についてお話して下さいました。また千利休が残した言葉、『和敬静寂』の意味や一期一会の精神について学びました。お話のあと生徒がそれぞれ入れ替わりながらお茶を立て出し、もてなす側の気持ちといただく側の気持ちを学びながら一服の茶と饅頭を楽しみました。さて生徒たちは自分の茶碗にどのような銘を付けたのでしょうか。ぜひご家庭でお子様に聞いてみて下さい。