静岡学園中学校・高等学校

静岡学園中学校 静岡学園高等学校

静学ブログ

2019年7月4日

SGT農業体験講座〜棚田で遊ぼう〜第3回棚田Tour

 6月22日(土)、第3回棚田Tourが行われました。中高合わせて30名の参加者がありました。清沢塾塾生のもと草取りから始まり、代かき・田植えを行いました。当日は薄日の差す曇りだったため気温も上がらず暑くもなく作業も順調に進みました。まず生徒たちは田の草取りから始めました。清沢の棚田では無農薬で稲を育てているため取った草は地中に沈め天然の肥料とします。さらに代かきも深く耕してから行うことはしません。稲の成長にとって有害な地中の成分が表に出てくることを防ぐためです。

 作業は、高校生が田の両横に立ち、目印をつけた紐を渡し、その紐についた結び目を沿って中学生が苗代を植えていきます。生徒は、横一列に並んで全ての結び目の位置に苗を植えて行きます。柔らかくてなかなか植えることが難しい場所もあれば、固くてなかなか植えることが難しい場所もあります。このような時は竹のヘラを使い植えていきます。一列目を植えると二列目というように生徒は後ろ向きに移動しながら結びに沿って縦に真っ直ぐ植えていきます。
 
 機械のない時代、人々が腰を曲げて何枚もの田の田植えをしたことを想うと、一粒の米の重みを感じます。この田を作った寛政年間の農家の方には本当に頭が下がります。作業終了後、つがいの鴨がどこからか飛んできて水の張った棚田で水をかき回しながらエサとなる生物をついばんでいました。彼らもこの田んぼが無農薬で育てられていることを知っているのかもしれません。

 次回、7月20日(土)は田の草取りです。さてどれだけ成長していることでしょう。楽しみです。