静岡学園中学校・高等学校

静岡学園中学校 静岡学園高等学校

静学ブログ

2019年7月1日

SGT教養講座 管理栄養士が勧める体と脳を活性化する食事!

 6月18日(火)、SGT教養講座 管理栄養士が勧める体と脳を活性化する食事!の座学講座が開催されました。当初、中学3年生から高校3年生までを対象とした講座でしたが、保護者にも開講し19名の受講者を集め実施しました。講師は、昨年度に引き続きRyu medical cookingの代表管理栄養士小川侑子先生です。高校3年生の中で管理栄養士を志望する生徒も参加していることから最初に管理栄養士の仕事についてお話いただきました。病院・高齢者施設・介護施設やクリニック、薬局などでの栄養相談のほか、ジムやスポーツ団体の寮での食事管理、またはフリーが活躍する管理栄養士もいるそうです。したがって病気になった時や長生きするための食事や食事が大変になった時だけではなく、栄養Balanceがとれ元気に成長することを目的とした食事やスポーツや勉強でより良い結果を出すための食事について考えアドバイスをすることも多いそうです。

 そこで40代でデスクワーク中心の仕事であまり運動をしない女性から肥満気味で健康診断で体重を減らすように指摘されたと仮定し、どのようなアドバイスをしたらよいか、食事習慣例を見ながら推定必要エネルギーについて表を見ながらどのくらいカロリーオーバーしているのかを参加者全員で計算し、食事内容をチェックしました。先生のご指導で生徒は家庭科で学んだ五大栄養素について復習し、炭水化物が多くビタミン・ミネラルが少ないことに気付きました。人間が健康に生活するためには、炭水化物・たんぱく質・脂質の三大栄養素のほかにビタミン・ミネラルが必要であること、そして何より栄養バランスのよい食事と効果的な栄養素を摂ることが大切であること学びました。

 次にそれぞれの希望に合わせた栄養の摂り方についてお話下さいました。運動選手にとって骨は大切なものですが、骨を強くするためにはカルシウム、ビタミンDを多く摂り、リンの摂り過ぎを控えること、女性にとって美肌は憧れですが、肌艶をよくするためにはビタミンC、ビタミンB群、たんぱく質、コラーゲンを摂り、炭水化物や油の摂り過ぎを控えること、風邪をひきにくくするためにはビタミンA・C・E、乳酸菌、たんぱく質、アリシンなどの栄養を摂取することが大切であることを学びました。

 最後に今回のもう一つのテーマである集中力をUPさせる食事についてお話下さいました。集中力を高めるには脳をしっかりと動かすための食事が必要です。脳に必要な栄養素は、ブドウ糖、DHA、鉄分です。特にブドウ糖は脳の主要なエネルギー源であり、ビタミンB1と合わせて朝から一緒にとることが大切だそうです。次にDHAですが、これは脳の発達には欠かせない栄養素で人間の体内では作り出せない必須脂肪酸でシナプスの材料となり記憶力や数力を促進する栄養素です。鮪やブリ、鯖やサンマ、ウナギなどに含まれる栄養素ですが、朝に摂るのが効果的とのことでした。そして最後に鉄分ですが、これは脳が酸欠状態になり集中力が低下することを防ぐ栄養素です。赤身の肉、赤身の魚、あさり、ブロッコリー、小松菜、ひじきに含まれビタミンCと一緒に摂ると吸収率がUPするそうです。さらに食べ方について最後教えていただきました。脳が活性化するためには、よく噛んで食べることが大切だそうです。噛むことにより脳への刺激が伝わり、血流が増え神経活動が活性化し、記憶を司る海馬が刺激され活発になるとのことでした。

 講演のあと保護者からサプリメントの効果について質問がありました。足りない栄養素をサプリメントで補っても早く体に吸収されるが、早く体の外に排出されるとのことでした。90分の講義もあっと言う間に終わり、次回7月20日(土)は、調理実習講座です。集中力UPの食事〜実践編〜と題して鶏と夏野菜の黒酢あんかけと豆乳きな粉プリンを作ります。お楽しみに。