静学ブログ

2018年5月14日

SGT農業体験講座〜棚田で遊ぼう〜第1回棚田Tour

 4月28日(土)、平成30年度SGT農業体験講座〜棚田で遊ぼう〜第1回棚田Tourが行われました。当日は、定員30名の満員御礼で中学生10名、高校生20名が参加しました。最初に清沢塾塾長の中井弘和先生から清沢の棚田の沿革についてお話いただきました。3月に実施されたご講演の中でもおっしゃられていた現代の農業における問題点をお話いただきました。
 その後、2つのグループに分かれ、1班は山側の棚田の整地作業を行いました。大きな岩をどかし、草を刈り、水を通すための整備を進めました。一方、2班は長方形の箱に種となる稲を蒔き苗床造りを行いました。朝日、亀の尾といった明治時代に品種改良された稲もみを中心に蒔きました。また昨年度本校のプランターで栽培した稲穂を持って行き、今年こそはさらに大きな収穫につながるようにと蒔きました。
 中井先生は、これを「シズガク」と名付けて下さいました。昼食は、外でピクニックシートを敷き食べました。生徒は弁当持参で参加しましたが、有志のご夫人のご好意で作っていただいた野菜たっぷりのみそ汁と漬物などの副菜がふるまわれました。生徒たちは残さず美味しくいただきました。
 清沢塾には、現役を退職され農業に携わっている方々がいます。人生の先輩としていろいろなお話を聞くことが出来ます。生徒たちも熱心に中井先生をはじめさまざまな方々のお話に耳を傾けていました。昼食ののち、再び農作業に戻り、1班は整地をした棚田に苗床を作りました。2班は茶畑で雑草を取る仕事をしました。
 最後に中井先生から若い力にとても助けられているとの謝意をいただき棚田をあとにしました。次回第2回棚田Tourは、5月12日(土)に実施します。今度はどのような発見があるのでしょうか。

PAGE TOP
このページのトップへ
お問い合わせ・資料請求このページのトップへ