静学ブログ

2017年11月22日

SGT緊急企画 学校で稲刈りをしよう

 11月17日(金)放課後、本校のプランターに植えられた清沢の棚田の稲を棚田体験に参加している生徒たちと一緒に刈り取りました。今年度は、10月に予定していた棚田体験の日が台風の影響で作業中止となり、刈り取りが出来ませんでした。棚田での収穫体験でそのノウハウを学んだのち、本校のプランターの稲の刈り取りをする予定でしたが、それが出来なくなったため清沢の棚田を管理・運営する清沢塾の主宰で静岡大学名誉教授の中井先生に収穫後の稲の取り扱いまでお聞きし、刈り取り作業を実施しました。天候にもよりますが1週間から10日間干したのち、脱穀をします。1合に満たない米ではありますが、ぜひ炊飯器で炊いて棚田参加者とともに秋の味覚を味わいたいと思います。さてどのような味がするのでしょうか。

PAGE TOP
このページのトップへ
お問い合わせ・資料請求このページのトップへ