静学ブログ

2017年8月22日

Mac Book Airで学ぶ中学生のためのProgramming講座

 8月22日(火)、第6回Mac Book Airで学ぶ中学生のためのProgramming講座が行われました。
 全6回の講座でD-schoolの講師のご指導のもと、初級者はRobot car のProgrammingを学びました。第1回は、基盤やSensor code、Programming softの使い方といったStart up講座を行い、信号機のProgrammingを行いました。第2回は、Sensor light、第3回は、Robot carの制御、第4回は衝突回避自動車、第5回は、Line trace carのProgrammingを学び、第6回は、前半でLine trace carのCustomizeといったProgrammingに挑戦し、後半はCustomizeしたLine trace carの発表を行いました。

 上級者は、Role-Playing-GameのProgrammingに挑戦しました。Gameに登場する戦闘SceneやMini game、Fieldの移動やMapの作り方を試行錯誤しながら学びました。初級者・上級者ともにProgramming soft、Scratchを使い、講師の先生からHintをいただきながらProgrammingの楽しさを学んだようです。最近よく言われる「21世紀型スキル」を養うためには「情報機器を活用しつつ、自ら考え、解決する能力」が求められるとともに母国語・外国語を使った「コミュニケーション能力」や「コラボレーション能力」が必要であると言われるようになりましたが、英語を使ったProgrammingとProgramming知識の共有、協働など今回の授業を通じて多くのことを学んだことと思います。世界中で大ヒットするようなGameを生み出すCreatorが本校から登場するのも時間の問題かもしれません。

PAGE TOP
このページのトップへ
お問い合わせ・資料請求このページのトップへ