静学ブログ

2017年7月18日

SGT農業体験特別企画 学校で田植えをしよう!

7月3日(月)、清沢の棚田からお譲りいただいた稲の苗を学校で育ててみたいとの生徒からの提案があり、SGT特別企画としてプランターと有機培養土を購入し、苗を育てる実験が始まりました。「ひとめぼれ」と「朝日」という2つの品種ですが、「朝日」は、明治時代に改良され西日本に広まった米で現在では主に岡山県で栽培されています。当日は、棚田体験ツアーの常連となっている生徒2名が中心となり、6つのプランターに丁寧に植えていきました。だいぶ大きく苗が成長していることから、植え替えてから根付いて十分育つのかどうか、不安もありますが、身近な場所で自然を観察するためのよい標本となります。秋には簡単な収穫祭もできればと思います。生徒もこの苗と一緒に本校で成長していくことを期待しています。

 
 
 
 
 
 
 
PAGE TOP
このページのトップへ
お問い合わせ・資料請求このページのトップへ