静学ブログ

2017年4月24日

SGT農業体験講座〜棚田で遊ぼう〜第1回棚田体験

4月22日(土)の放課後、葵区相俣地区でSGT農業体験講座〜棚田で遊ぼう〜第1回棚田体験が葵区相俣地区の清沢の棚田で行われました。静岡大学名誉教授中井弘和先生が塾長を務める清沢塾の塾生の方々のご指導のもと、土と触れ合うことをテーマに第1回は棚田の周りの自然を体験しました。田に住む蛇やサワガニ、おたまじゃくしなど生物に実際に触れながら自然中で繰りかえされる食物連鎖について学びました。中でもアズマヒキガエルのおたまじゃくしを水の少なくなった池から棚田へと移動するおたまじゃくし救出作戦では生徒たちの好奇心に満ちた活き活きとした表情が見られました。この後、「神秘の米」と「びっくりもち」の種もみを種箱に蒔きました。「神秘の米」は、米自体が黒く、古代中国では皇帝の薬膳としても食べられていたそうです。帰りにお土産として自生しているクレソンをいただきました。棚田の自然を満喫した今回の体験は生徒にとってきっと大きな宝物となったことでしょう。次回、第2回棚田体験は5月27日(土)です。いよいよ田植えです。生徒たちも楽しみにしています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
PAGE TOP
このページのトップへ
お問い合わせ・資料請求このページのトップへ